芸術鑑賞会・音楽鑑賞会・学校公演|HEY!WAO!(ヘイ!ワオ!)

HEY!WAO!.comがプロデュースする音楽グループの中で、HEY!WAO!やアフリカンオールスターズは、コンサートやイベントなどは勿論、特にその真価を発揮するのが、全国の小学校・中学校・高校で開催される、芸術鑑賞会(芸術鑑賞教室)や音楽鑑賞会(音楽鑑賞教室)などと呼ばれる「学校公演」(スクール・コンサート)です。
なぜか? 例えば、ゴスペル to HipHopをテーマにしたHEY!WAO!のステージの場合、ブラックミュージックを中心に、ゴスペルチャーチの雰囲気そのままにソウルフルに展開するゴスペルコーナーをはじめ、パワフルなボーカルと客席がコール&レスポンス(掛け合い)で熱く盛り上がるR&Bのナンバー、さらに、黒人ボーカルならではの圧倒的な歌唱力で、心に響き渡るバラードなど会場全体が一体となるパワフルでソウルフルなステージを展開して行きますが、特に芸術鑑賞会や音楽鑑賞会などの学校公演では、どのようにしてゴスペルミュージックが誕生したのか?当時の奴隷制度など黒人の人たちを取り巻く社会背景やそんな時代の中でも差別反対に立ち上がった白人の人たちの勇気ある行動、ブラックミュージックが世界中に受け入れられて行く経緯、さらに、人種や国家、文化を超えて、人々がお互いを尊重し合うことの大切さ、平和であることの尊さなどを、メンバーのトークや音楽などを通じてハートフルにお伝えしています。既に15年以上に渡って展開しているこのプログラムは、単に盛り上がるだけのコンサートでは無く、心に訴える意義あるステージとして全国各地の学校で大変ご好評をいただき、公演後には毎回、学校の生徒さんから「ゴスペルミュージックが生まれる背景に、そんな悲しい歴史があるなんて知らなかった!」「黒人差別の話を聞いて涙が止まりませんでした。差別は絶対にダメだと強く思いました…」「奴隷制度や人種差別なんてずっと昔のことだと思っていたが、メンバーのおじいちゃんの時代にも公然と黒人差別があったと聞いてショックでした!」「辛い歴史から生まれたゴスペルミュージックが、辛いからこそ、前向きなポジティブな歌詞ばかりだと知って感動しました…」「差別や争いの無い社会の大切さを実感した!」「平和な世の中を目指すためには、まずは国家や人種や宗教などを超えて、お互いの立場や考えを尊重(リスペクト)することが、その第一歩なんだと思いました…」などなど、数多くの貴重なメッセージが届けられます。これこそが私たちの『宝物』であり、学校公演を通じて生徒のみなさんや先生方と、こうしたメッセージを共感・共有できる喜びこそが大きなモチベーションとなっています。
「感動を分かち合う最高のステージをお届けしたい!」今後も一つでも多くの芸術鑑賞会や音楽鑑賞会などの学校公演でみなさんにお会い出来る日を楽しみにしております。
これまでに生徒さんからお寄せいただいた生のメッセージは、こちらの掲示板をご覧ください。

Follow me!