Jonny Dynamite ジョニー・ダイナマイトのファッションチェックシリーズ<5>

芸術鑑賞会 HEY!WAO!(ゴスペルからHipHopまでブラックミュージックの魅力と歴史)のJonny Dynamite ジョニー・ダイナマイト ファッションチェックシリーズ<5>で~す。

日本の女子高生はじめ、70~80年代ファッションが人気になっているrecently。お父さんやお母さんの若い頃の洋服をおしゃれに着こなしたり、古着屋で掘り出したりしてキメている高校生をTVでも街角でも見かけます。「レトロでカッコイイしぃ~~」というコメントには、ちょっとタラリ(^。^)は、ははは、レ、レトロですか。。。さてHEY!WAO!ヘイ!ワオ!も、70~80年代ファッションでアーティスト写真を撮って「写真で巡る世界旅行」なんてホームページでやってるけれど、今日はジョニー・ダイナマイトのCOOLな70~80年代ステージファッションをピンで紹介します!ポージングが様になってるジョニー・ダイナマイト!ブラック基調にサテンの紫のジャケット。サングラスとハットがアクセントになってます。でも、なんといっても、一番のポイントはやっぱり、ポーズ!ほんとうはピンポン玉大のゴージャスな指輪なんかもアリかもね?(^^)MariTAMTAMがL.Aで幼馴染のアーティスト;セルゲイカジモフのSALSA系ライブに行った時、後隣の席で黒人の見るからにアーティストの存在感ある男性が数人の取り巻きに囲まれて、ご機嫌に盛り上がっていました。ノリでついハイタッチなんかしたけれど、大きな指輪をしていたのが印象的でした。セルゲイがライブの途中でMCで観客に「今日は尊敬する素晴らしいアーティストが来ています。」と彼を紹介し、彼が立ち上がったら会場のテンションがぶわっと5倍くらい上がりました。

改めてその男性を振り返ると、にこにこしながら立ち上がって周りに軽く手をあげて挨拶。貫録~~。一体誰だっけ?サングラスをしているのでわからず、セルゲイのMCに耳を傾けていると「MR.Billy Cobham!」WOOOOOOOOOOOW(>v<)FMの音楽番組のパーソナリティをいくつかやっていたおかげでビリーコブハムの偉業は知っていたけれど、まさか本人に会えるとは夢にも思ってなかった、、、L.AやN.Yに行ってビックリするのは、時々、自分が憧れていたり尊敬しているビッグアーティストにライブハウスなどで出会えること。(また機会があったら体験談も紹介しますね!)

おっと、大きな指輪から話がそれちゃった。MariTAMTAMもそんなわけでビカビカ特大指輪をいくつかステージ用に買ったけれど、急にパーカッションを叩いたりする事があるので、結局歌Onlyのステージの時しか使っていません。でもイミテーションでもキラキラ舞台映えするからお気に入り。ただし!狭い舞台の時は他の人にケガをさせてしまう危険性もあるので、みなさん気を付けましょう!

Follow me!