WinterHawkウィンターホーク、ルーツチェロキーを辿る旅(2)

WinterHawkウィンターホーク、ルーツチェロキーを辿る旅(2)今回もWinterHawkウィンターホーク自身が書いた旅行の思い出を英文と、MariTAMTAMまりのざっくり超訳日本語でお送りしま~す。このシリーズを初めて読んでくれる方は、この前のWinterHawkウィンターホークの名前の由来は?(1) WinterHawkウィンターホークの名前の由来は?(2) WinterHawkウィンターホークのルーツチェロキーを辿る旅を先に読んでくれると、もっと楽しめると思いま~す♡では、はじまりはじまり~~

バスの中で寝ることも出来たけど、とにかく素晴らしく美しい田舎の景色を見るのに夢中で興奮していたから、昼も夜もほとんど寝なかった。小さいポケットカメラを持っていってたので、帰ったら家族や友達に見せるられように写真を沢山撮った。

 

テネシー州の、とある停留所でメキシコ人の男性が乗ってきて僕の隣に座った。 彼は英語がしゃべれなかったけれど、僕はスペイン語が少し出来たから、二人で会話をしたんだ。この時、バス旅をはじめてから初めて、隣の席の人と話しをした。彼はメキシコに居る家族にお金を送るために、メキシコからこっちの農場に出稼ぎで働きに来たんだって話してくれた。いわゆるMigrant Worker=出稼ぎの季節労働者だ。彼等は合法的に短期間アメリカに出稼ぎに来て、仕事がある季節が終わると南アメリカに帰る。

彼はとっても疲れた目をしていてすぐに眠りに落ちたんだけど、そのうちなんと頭を僕の肩にのせて熟睡してしまった!! 最初、僕は「うっ!僕の肩に頭をのせて男が寝ている。これって、ちょっと、、、、クールじゃないぞ~~。」と思った。でも、彼がものすごく疲れていたのと、重労働仕事を働きづめに働いてきたのを感じた。それに同じくらいの歳なのに、かたや僕はバケーションを楽しんでいるわけだし。なので、彼が乗り換える停留所で目が覚めて降りるまで、そのまま肩を貸すことにした。やがて、彼はハッと目が覚めて自分が僕の肩に寄り掛かって眠っていたことに気づき、慌てて頭をどけて平謝りしたので、「いいよいいよ、気にしないで。気をつけてな。またいつか会えるといいね?」と言って別れた。

I was able to sleep on the bus sometimes but I was so excited to see the beautiful countryside in the day as well as the night.I had my small film pocket camera with me so I could take many pictures to show my family and my friend when I came back.

At one stop in Tennessee more people got on the bus and a young Mexican guy sat next to me. He could not speak English but I could speak some Spanish so we could communicate. My first time to speak with someone next to me on the bus.

He told me he was from Mexico working on a farm to make money for his family in Mexico. He was finished and going back to his country. It’s known as( Its know as ) Migrant Worker. They are allowed to come to work in the USA for a short time and return to South America.

His eyes were so tired and he fell asleep and his head was on my shoulder.A first I thought, hey there is a guy with his head on my shoulder, this is not cool. But I felt he was so tired and worked so hard and I was almost the same age as him but I was on vacation and enjoying myself.I let him sleep with his head there until he woke up to get off at his stop to change the busses. He apologized and I said don’t worry please take care and I hope to see you again someday.

イメージが湧きやすいよう写真やイラストを添えていますが、本文と関係ないものもあるのでよろしくお願いしまするん。興味があることは、ちょっと写真検索すると色々見られるので、ぜひお試しくださいませりん。広大なアメリカ南部の農場とか、GREYHOUNDバスの車内の様子とか、お話がより生き生きと感じられて、WonterHawkと一緒に旅している気持ちになれると思いまするん。

Follow me!