カンガ=KANGAって何?シリーズ by 織本知英子先生(2)

待ってました!お待たせしました!カンガを正しく楽しく紹介する「カンガって何?シリーズ by 織本知英子先生>で~す!

MariTAMTAMの疑問1 「東アフリカの女性が身にまとっているあのカラフルでステキな柄の布、カンガって何なんだろう?」

以下、織本先生のポレポレオフィス;ホームページからの説明文と写真で、MariTAMTAMの疑問が解明されます!

KANGA(カンガ)とは、東アフリカ、タンザニアやケニヤの女性たちに愛されている一枚布のこと。一枚布としてデザインが完成されているプリント布です。一枚一枚にスワヒリ語で文言「カンガセイイング」がプリントされているのが大きな特徴です。 19世紀後半、東アフリカ沿岸のスワヒリ社会の中で、巻き衣として発展してきました。その後20世紀になって、スワヒリ社会の社会構造変化や東アフリカ一帯の社会経済変化に伴って、広く一般に愛用されるようになりました。

素材とサイズ”> 素材はコットン100%。サイズは約160×110センチ。この一枚布を、現地の女性たちは、一枚、もしくは二枚組み合わせていろいろな使い方をしています。

ザンジバルやモンバサなどでは、外出するときに、普通の服の上から二枚ひと組でまとっています。

赤ちゃんを背負うときにも大活躍。

 

 

 

カンガショップには、数えきれないほどのカンガが並びます。

 

 

 

トラディショナルダンスを踊るときも、カンガは欠かせません。

text by chieko Orimoto.C

 

 

MariTAMTAM「毎年新しい柄が登場するカンガ。ほんっとうに様々な柄があるので、色々みたかったら、ぜひ、ポレポレオフィスのホームページの「カンガのデザイン」を見てね? 他にも 織本先生ならではの貴重なカンガ・コレクションも紹介されていま~す!見ているだけでワクワク、楽しく、元気になるよ~♡ ポレポレオフィスのホームページはこちらです♪ http://www.polepoleoffice.jp/design/

 

Follow me!