母の日♡Mother’s Dayのお花フィーバー

きょうは母の日でしたね(^^)みなさんはお母さんに「ありがとう」を伝えました?MariTAMTAMは今日は夕方から手作りエコ楽器パフォーマンスグループ「JUMBE」のリハーサルだったので、ちょいとお出かけしました。街は、母の日ギフトや、母の日のお花の最後の追い込みフィーバーでした。「JUMBE」も5月21日の奥沢駅前音楽祭に向けて、追い込みフィーバーで3時間のリハが休憩ナシであっという間でした。

 

夕方に通った駅ビルの1階のお花たさんでは、すでにカーネーションなど母の日用にブーケやバスケットが50%引きセール!店員さん達が声を枯らして「お買い得ですよ~~!半額ですよ~~!いかがですかぁ?!」と叫んでいました。大安売りで、ビックリしましたでするるるん(>。<)

 

 

そういえば、おとといくらいから、急にあちこちのお店にカーネーションの花束やアレンジフラワーのバスケット、1本だけの花束などなどが、たくさん登場し始めました。それまでは、カーネーションがあんまり飾られていなかったので、今年はカーネーション不足なのかな~?などと、ピントはずれな事を考えていたMari、母の日にカーネーションが例年通りにずらりと並んでいるのを見て、ちょっとホッとしたりして。。。。

今年は、紫陽花=あじさいも、カランコエパリと一緒に、母の日フラワーのコーナーにならんでいたので、来年もカーネーション以外のお花も並ぶのかな?そうそう、プードルの顔が付いた竹ひごみたいなのは、「プードル・ピック」と言うそうです。

 

1本だけの花束も、ラッピングの透き通った紙に白やピンクの柄がプリントされていて、お花を華やかに引き立てて寂しくみえないように出来ていたりするので、いいアイデアだなって感心します。お小遣いがなくて、かすみ草や他のお花を足せなくても、ちゃあんとブーケらしくなってるんだもの。こういうちょっとしたことが、商品の印象や雰囲気をがらりと変えるのには本当に驚きます。

 

みなさん、気づいてました?

あのね、お惣菜やお刺身のトレーも、実は何年か前から劇的に変わってるんです!  おっとっと。この話題はまた今度ね(’v’)

 

 

A.A.S(=アフリカン・オール・スターズ)のB.B.モフランに、ふと、アフリカの母の日について訊いてみちゃいました。MariTAMTAM「アフリカにも、アメリカや日本みたいに母の日があるの?」B.B.モフラン「あるよ~。クリスマスもバレンタイン・デーもあるよ~。日本と同じで、欧米の文化に影響されて、同じことをやってるからねぇ」との事でした。ふぅん、、そうなんだ。

 

あしたは「日本いけばな芸術展」に行ってきま~す。初めてです。ドキドキワクワク♡昨日のニュースで天皇皇后両陛下もいらしたと伝えていたので、ますます混んでいるかもしれないけれど、何とか見たいと思って。いけばなの展覧会は、仮屋崎省吾さんの目黒雅叙園のものしか見たことがないので、とっても楽しみ♪ただ、日本いけばな芸術協会の50周年記念の展覧会らしいので、物凄い混雑が予想されるとか、、、ので、ちょっと、心配です。着物を着ていくのはやめようと思います。

Follow me!