目黒こども劇場公演(1)注目の衣装とメイク♡ばなし

きょう5月21日日曜日は、東京目黒方面はと~っても暑くて真夏みたいでした。みなさんも真夏っぽい日を過ごしたのかな?熱中症に気をつけるよう、テレビで何回も注意してたので、ペットボトルの水をこまめに飲みながら、炎天下の下、目黒川に近い目黒中小企業センターホールへてくてく。2年前に、アフリカンオールスターズの大編成で、私立駒場学園高校の芸術鑑賞会公演をやったホールなので、なんだか懐かしい。あの時も、かんかん照りだったっけ。うんと早く着いたので、目黒駅から歩いて来るWinterHawkとLawrence=Loloちゃんが迷わないように、曲がり角や入口への経路を写真に撮りまくってメール。それでも迷うのが心配で、目黒川沿いを駅に向かって出迎えに歩いたんだけど、プールを通り過ぎても行き合わない・・・・・?????これは一度、ホールの方に戻った方がいいかな?ちょっと電話してみようかな?立ち止って、携帯を出した時、ちょうど電話が鳴りました。スタッフが「2人、今来ましたよ~」あれ?あっそ?行き違っていないのに?とりあえず、スーツケースをごろごろ引きずって、また来た道を戻ると、もう2人ともホールにいるではあ~りませんか?

聞いたところ、WinterHawk曰く、プールの手前にシャレた小さなガーデン風の小道があったので、Loloちゃんとそこを通ってホールに来たとの事。”出迎えに行くって言ったのにそれならそうと早く言ってよ~~ン、もお~~(^~^)ヤレヤレ紫外線よけいに浴びちゃったわい”と心でつぶやくMariTAMTAMに、WinterHawkはご機嫌な顔で「ステキな感じの小径でさ、ちょっとした木の植え込みがあちこちにあって、デートの時に人から見えなくなるから、コレはなかなかいいよね~ってLawrenceとしゃべりながら通ったんだ。男ふたりでね?ははは」ガクッ☆どうやらきょうもWinterHawkは絶好調に元気みたい♡♡♡こういう日は、笑い虫が楽屋に発生するのです。99%ね♪WinterHawkはついに、NYCで使っていたファンデーションをネットで見つけ、購入出来たんだって!日本では見つからなかったから、やっとだ、嬉しいって、買いたてのファンデを見せてくれました。。女性はもちろん、みんなバッチリメイクしているけれど、黒人男性アーティストも、ステージでファンデを塗る人は多いみたい。ファンデとアイラインのセットを持っているボーカリストは何人か知ってます。「これは、完璧に僕の肌の色に合うんだ。パーフェクト!夏や今はこっちの色(パレットの左下を指して)冬はこっちでいいんだよね、ちょっと色が白くなるから(パレットの右上を指す)」MariTAMTAM「あ~そうだよね、Mr.I Love Sunshineだから夏の日焼けはハンパないものね?」WinterHawk「YE~~S.I am a Soler man♪ははは」

はい、彼は日差しがあると、必ずその下に行って日向ぼっこする習性があるんです。紫外線が怖くないアナタが羨ましいよ~(>。<)んで、塗ると変わるのかなぁ~、だいたい、ちょっと肌の色より明るすぎない?と思ったんだけど、さすが、長年ショービズ界で生きてきただけあって自分のことはよく知っていました。塗ってないみたいにお肌の色に馴染んでるの!だいたい私達日本女性はファンデの色選びに苦労して、やっと「コレだ!」と見つけたつもりになってても、実際に塗って出かけるとショーウィンドウに「千と千尋の神隠し」に出てくるキャラみたいに顔面と首の色が違ってたりするくらいなのに、今日のWinterHawkのファンデは奇跡に近い同色!ほら!首と顔面の堺が分からないでしょう?あと、たしかに肌の質感が変わってなめらかで艶やかになってる!本人いわく、「汗をかいてもドロドロにならない。」日本語をよく知ってて驚きます、Loloちゃんがまた「僕もアメリカではいつも塗ってたけど、日本に来てから塗ってないな~。僕もまた塗りたいな~。最近肌に黒いシミみたいなのが出来てきちゃったんだけど、コレ、なんで出来るのかな?」と横から口を挟む。WinterHawk「え~ん、わかんないけど、エイジングとか日焼けとかビタミンとかのせいじゃない?」。。。女子の会話です、もうほとんど。

 

ところで!最近WinterHawkがオリジナルのベストの下に着ている金のビーズを編み込んだトップスにお気づきでしょうか?ベストの胸元と袖ぐりのところに金色と白がイイ感じでのぞいてるでしょ?実はアレ、Mariがエスニックロックバンドをやっていた時代に買った衣装なの。買ったけど着そうにない新品中古なのでダンスをやっている娘さんによかったらってあげたんだけど、娘はコダワリのオシャレさんで、検品して「んー、これはパパが着たらいいんじゃない?」とパパに渡したので、半分冗談で着た所、意外と気に入ってしまったんだとか。鍛えぬいたボディだからこそ似合う!そして、黒のパンツはMy Dadのモーニング(タキシード?)のパンツにラインストーンをつけたりして衣装さんがリメイクしたモノ。これも、英国仕立てでモノが良くてもったいないので、彼が黒いパンツ探してるって言うから試着して貰ったら、ウソみたいにぴったり!着てくれてありがと!Winter! 金色ビーズは脱ぐ時が大変デス。誰か彼かが手伝います。ははは(^。^)

 

Loloちゃんは最近、筋トレをすごく頑張ってて、引き締まってきました。えらいッ!髪型も一新。ここのところ3回くらいグリーンを入れていた髪も、今回は毛先だけ茶系にしていて、ずいぶん雰囲気が変わってました。みんなが「痩せた!」「シェイプがシャープになった!」って口々に叫ぶと、「ウソ~~ローレンスまだまだデブ~~」と、ふざけてクネクネオネエことばで照れます。朝早く起き過ぎて、どうやらLoloちゃんも絶好調モード。WinterHawkとふたり、子供みたいなことを言い合っては、きゃっきゃっきゃと笑ってばかり。まっすぐ立って欲しかったんだけど、なぜか、斜めに立ってる。実はこのホールの楽屋は低い天井のあちこちにパイプが横切っていて、頭がぶつかってしまうんです。ははは。

 

きょうの衣装話のハイライトは、やっぱりスペシャルゲストダンサーのKO-TANG=コータンさんの衣装でしょう!幕張メッセのマイケルジャクソン追悼イベントの大ステージで、マイケルダンスを踊ったKO-TANG,今日、芸術鑑賞会やこども劇場では、初めて!そのマイケルのショーを披露してくれました。今までは、スモークをたいたり、レーザーが飛び交う照明があるような大きい所でしか踊っていなかったネタ。私達も楽しみにしてきたダンスショー。その衣装のジャケット、超ステキ~~。さっそくLoloちゃんとWinterHawk,そしてMariが楽屋でそのジャケットを真ん中に質問攻め。土台のジャケットはKANSAI YAMAMOTOの10万越えのモノ。それを衣装さんがリメイクしてKO-TANG=コータンのためにマイケル衣装にしたものだそうです。パッと見はそんなにド派手でもないし、、、、でも実際に舞台で踊った時、ジャケットの生地のしなやかさやシルエットがダンスをより美しく見せていたので、納得。写真左端がKO-TANG=コータン。

じゃあ、最後にきょうの衣装話の失敗談。主役はMariTAMTAMです。あろうことか、なんてこったぱんなこった(吉本新喜劇のしげじいのキメ台詞)、黒スパッツを忘れてきちゃったんです!コンビニにストッキング買いに走るか、ジーンズを合わせようか悩んでいたら、Loloちゃんがずうっとゴソゴソ、スーツケースを探っていて「あった~~~!」とトレーニング用のスパッツを掘り出してくれました。生まれて初めてメンズのトレーニングスパッツをはきました。誰も気づきませんでした。よかった。冷や汗~は、、は、、は、、

Follow me!