目黒こども劇場公演(2)手作り小夜食にほっぺオチ~♡ばなし

前回に引き続き、目黒こども劇場公演のレポート、第2弾で~す。今回は、メンバー全員ほっぺがオチまくった、目黒こども劇場のママさんスタッフチームの手作り「小夜食」ご飯のお話です♡読むとお腹すいちゃうかも?(^。^)

親子劇場やこども劇場、MariTAMTAM自身のプロデュースバンド「アフリカンオールスターズ」「ゴスペル~HIPHOP」「手作りエコ楽器パフォーマンスグループジャンベ」でも、他の制作会社さんからのお仕事でも全国津々浦々行きましたけど、いつも必ず会場の楽屋に「コヤショク」が用意されています。お弁当、外食続きのツアーの時は特に、この小夜食に救われることも多く、ミュージシャンン、役者にはありがたい存在なの。(写真は一部です。この後、続々とつくりたてが登場しました♡)

 

見るだけでも目に美味しいし楽しいし、お料理の参考になると思うので、時間に余裕があった何点かはそれぞれ写真で紹介しちゃいます!場所によりますが、全国こども劇場や親子劇場の公演のたいていの「小夜食」は、その劇場のスタッフ係のママさん達の心づくしのお料理で、普段仕事先ではお弁当が多いメンバーは、愛情たっぷりのお料理に癒されるのであります。この日、先に地下の楽屋に荷物を置きに行ったダンサーのKO-TANG=コータンが「すごい!みんな、すごいよ!なんか、すごいお料理が楽屋にいっぱい並んでるよ!」と目を白黒させて叫びながら舞台リハに戻ってきました。KO-TANG=コータンはこの日が初めての[こども劇場]体験。うわぁ!これなに?!ゆで卵の肉巻き!ご想像通りの甘辛系の味付け、でもとても上品で、いくつでも食べられちゃう♪ほっぺ完オチ~~~~卵のカラむきとか手間ヒマかかりそうな、、、でも、作ってみようっと!

ハロ~~♪ひょうきんなおしゃもじが出迎えてくれた、ちらし寿司。(ラップをとっていないのでわかりにくくてごめんネ!ゆっくり頂く時間もなかったので、食べる前しか写真が撮れませんでした。)ゆでたエビやサーモン、ニンジンなどなど、これまた愛情たっぷり手間をかけて作ってくださった絶品。踊りまくってお腹ペコペコKOTANG=コータンは一番にこれを頂きました。そうなの!器もわざわざオシャレなものに入れて下さってて、感激なの!さっきの肉巻きゆで卵もお魚の形をした器です♡右奥にお漬物も見えま~す。

こちらのお豆を作ってくださったママさんは、タイミングが合わなくて集合写真にしか写っていませんけど、コレ、四日市のお祖母ちゃんが無農薬で作っている豆を採りたてで送って貰って届いたばかりのとても珍しい贅沢品♡それを急いでお料理して持ってきて下さったんです。奥の緑のそら豆は馴染みがあるけど、手前のは珍しい「赤そら豆」なんだって。薄味で、ほっぺオチ~。緑のそら豆はアメリカにもあるってWinterHawk=ウィンターホークが注釈。特に南部で食べられてるんだって。WinterHawkは初めて食べた「赤そら豆」がお気に入りのようでした。

 

 

清涼感溢れるこちらの一品は、これまた手間のかかったアスパラ入りちくわとミニトマトの冷製ナントカ。こういうお料理はなんて呼ぶのかな?さっぱりとした、どこか洋風な味付けで、体温を下げてくれるトマトと、元気が出るアスパラギンさんのアスパラで、暑い日差しとリハでほてった身体も喜びました。ほっぺオチ~♡

 

 

身体喜ぶ系では、フルーツもみんな嬉しかったです。ミネラルぅ~~補給ぅ~~(>。<)フルーツって、仕事が続いているとなかなか買えなかったりするし、こんなカットまでされていて、かぶりつくだけでいいなんて、甘やかされ感いっぱい。スぺースがなくなってきたので写真小さくします。クリックすると大きくなるからね~?

 

贅沢フルーツサンドもほっぺオチ~!お店だったらタイトルやポップに「ごろごろ新鮮フルーツいっぱい!」「甘さ控えめ!ヘルシー!」とか書きたい。お店で売った人気間違いなしと思いました。ママさんの手造りだから100%ノンケミカルだし。カフェでも女子に売れそう♡♡♡用意して下さっていた熱いコーヒーや紅茶で頂きました。ラップがかかっいてわかりにくくてゴメンね!カラフルで目にも楽しいサンドでした~緑をあしらっている所がニクイです♡

 

このポテトサラダ、写真では伝えきれないのが残念なんだけど、粒マスタードを使ってます。さっそく真似させて頂きます!粒マスタードの酸味が絶妙。ついこの前、何かの番組で(金スマのランキングだったかな?)お惣菜で人気上位3位に必ず入るのがポテサラって言ってました。それくらい、みんなポテサラが好きなんだな~って感心した所で、このポテサラに出会い、ほっぺオチ~

 

息をきらして駆け込んできたママさん。おしゃれなカゴを置いてフタをあけると、なんと揚げたてのから揚げが、、、これだけでも充分オシャレで感激しているところ、ママさんは「あ~、かたよっちゃってる!ちゃんと盛り付けたのに~」と、お箸で盛り付けを整えなおしていました。今日は見た目にもこだわりがあるお料理ばかりだから、よけい美味しさが引き立っているんだな~見た目は大事だな~と改めて学ばせて頂きました。揚げたてが食べられるようにと時間を合わせてわざわざ戻って揚げて自転車で飛ばしてきたんですって!はは~~っ頭が下がります、本当にありがとうございました!

 

こちらのこかぶのお漬物もほっぺオチ~。シンプルなのに秘密めいた香がかすかにして、お箸が止まらなくなるんです。どのお料理も、上品な味付けで、しかもそこはかとなく何か裏ワザを感じる絶妙な味や香りが。。。。時間があったらレシピ、教わりたいものばかりでした。手抜きごはんばっかり作ってちゃいけないなって反省しました。

 

写真に撮る時間がなかったけれど、他にもいろいろほっぺオチがあり、2種類も用意してくださったアツアツのスープもお鍋ごと持ち帰りたいってねってみんなで盛り上がってしまった。お菓子まで、、、実は本番前はあんまり食べると重くなるので、沢山食べないように我慢するのが大変でした。片づけや撤収に入ってしまうので、公演後に食べる時間って、いつもあんまりないので、みんなで思わずスタッフに「公演後、少しここで食べる時間あるの?それともすぐに撤収しなくちゃいけないの?」ときいてしまったくらい。(笑)ポークビーンズのスープは、WinterHawkが帰る時までず~っとMariに「味を見ないと後悔する、一口でいいから食べた方がいい!」と念仏のように言い続け、片づけで食べそびれてガッカリしていたら、Zipロックで持たせて下さって、感激!MariもWinterHawkと同じNYCやLAで幼少時代を過ごしたので味の好みが重なる所があるみたいで、帰ってから頂いたらほっぺオチまくりました♡ご馳走様です。

終演後に記念写真用に衣装を整えに楽屋に降りたKO-TANG=コータンがまた、目をくるくるさせて戻ってきました。「みんな、見た?ね、見た?なんか、一人ひとり持って帰れるようにお弁当みたいにパッキングされてるよ!すごいよすごいよ!」彼はこの後すぐに、目黒のSAMさんのダンススクールでのクラスを教えに直行するので、お持ち帰り出来るのはすっごく嬉しそうでした。わたしMariTAMTAMもすっごく嬉しかったです。メンバー全員と制作スタッフもありがたく頂いて帰りました。

何から何まで愛情たっぷり、ほんとうにご馳走様でした。(会場の準備や運営も同時進行で大変なのに、、)お片付けの時にいらしたお料理チームのママさん数人と記念撮影、ぱちり!他にもいらっしゃるお料理チームのママさん全員でパチリ出来なくて残念!でも、大集合記念写真では皆さんと一緒なので良かった♡♡♡

お腹、すいちゃったでしょ?うふふ

Follow me!