セネガルのBOGA=ボガちゃんはチョット変わってる?(4)

「なんじゃそりゃ~???」

13歳になって、ようやくダカールのメディナのお母さんの元に戻ったボガちゃんを待っていたのは衝撃の事実でした。お母さん、お父さんと離婚して、世界的なグリオ、ドゥドゥ・ンジャエローズと再婚していたのです。

ボガちゃん「んもォー、びっくりしたなんてもんじゃなかったよ。」

新しいお父さん、ドゥドゥ・ンジャエローズは息子となったボガちゃんのサバール奏者としての才能を気に入り、奏者として活動することに期待したそうです。でも、ボガちゃんはもう、自分の将来進む道を決心して帰ってきていました。

 

 

「僕は靴職人の修行をして、靴職人になりたいんです。」両親に打ち明けた時は、お父さんに猛反対され、かなり揉めたようですが、最終的にはお父さんもついに折れて、ボガちゃんは念願の靴作りを学ぶことになりました。

 

写真は全てボガちゃんデザイン制作のモノ。この白いサンダルは某メーカーさんの今年人気サンダルに似てます。ボガちゃんの方が先ですけど♪ヒールサンダルも曲線が綺麗です~

 

ダカールの若者達はとってもお洒落で有名なんだって。ナイトクラブに行くと、トップモデル顔負けのファッショナブルな若者達がいっぱい。しかも、ご存知のようにセネガルの人達は、手足がながくてスリムで9等身。あ?体型は関係ないかな?とにかく、フランス等ヨーロッパとも近いので、ファッションセンスは国際的で磨かれているのです。

 

そこに西アフリカのエッセンスが粋に生かされているから無敵☆ボガちゃんは、そんなダカール生まれ。小さい時にまわりにいた大人たちはお洒落マスターばかり、しかもミュージシャンが多かったので、当然、センスは磨かれているわけです~。ピカソやジャンボール・ゴルチェや、様々なアーティスト達が、アフリカの文化にインスパイアされて、作品に取り入れているのも、アフリカ文化をちょっと知ると、納得しちゃいます。

 

この茶色の靴はほんとうにフィギュアが美しくて驚きました。プロになるまで修行したっていうけれど、ほんとうにプロ!お父さんも、時々、ショップに並ぶボガちゃんの靴を見に来るようなってくれて、それがとても嬉しかったそうです。

そんなボガちゃんがどういうキッカケで再び音楽の道に戻り、どういうキッカケで日本に来たのか?このお話はまた今度、インタビューして書こうと思います。ボガちゃんTシャツなど、欲しいと思った方、ぜひ、オーダーしてね~♡♡♡

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!