「のうだま」は、やる気の秘密☆☆☆☆☆1

こにゃにゃちは~~♡へろへろ~♪徹夜仕事が続いてしまってBlogを書くタイミングがずれまくリングで、ごめんなさい!あっちやこっちで「疲れてる?」「ちゃんと寝てる?」と聞かれ、人にそんなことを訊かれてしまうほど顔がどんよりしちゃってるのかいっ!?と反省してまするるる。こう暑いと冷たいものが飲みたくなり、ついつい、飲んでしまうのですが、、、、、ほんとうは常温か熱いモノを飲めと言いますよね?でも、やっぱり、ちべたいものも飲みた~い。。。ので、意志が弱いMariは、ちべたいのを1回飲んだらあと2回は常温か熱いの、、、、と間をとって気をつけてます。はい。みなさん、夏バテに気をつけませうね。*****ところで「意志が弱い」というキーワードで、思い出した本があったので、今回はこの本を紹介しまっす。

 

たま~に、急に読みたく(ながめたく?)なるお気に入り本のひとつ。意志が強い方には不要かな?「三日坊主な人」、「計画は立派だけど途中でめげてしまう人」、「やる気が続かない時期にある人」、「でも頑張りたいという気持ちがある人」、「でも文字がいっぱいの成功する方法系の本や精神世界系の本を読む気分じゃない人」、、、、、そんな人にオススメで~す。ぜんぶ当てはまるじゃん、アタシ***(>v<)かくいうMariも、嫌いじゃないのでかなりの数の精神世界系の本や成功する方法本を読んできました。頭じゃわかってることばかりなのに、実行できない時ってど~にも実行できなくて、そんな自分は好きになれないから自分がシャキ~ンと輝いていない気分で落ち込んで~~~と、悪循環にハマるんだけど、

 

 

 

この本をながめると、ちょっと「やる気」が復活することが多いの。まず、マンガが楽しくてかわいい♡内容もわかりやすい!♡そして、何より、本の主人公の作家=上大岡トメさんが、自分と同じようにフツ~に挫折しちゃう親しみを覚えちゃうタイプ。で、眺めていると、なるほど~~~という内容で、しかも、ヘタレなMari向けなくらい「ハードルが低く」「実行しやすい方法」が書いてあるのでするるる。

本のタイトルは、「のうだま」by 上大岡トメ&池谷裕二

 

 

 

 

「のうだま」とは「淡蒼球」=たんそうきゅう・のこと。われらが「のうだま」または「あおだま」は、実際に玉の形をしていて、色も実際に蒼いそうです。トメさんも書いていますが、「たま」「玉」「珠」「球」といえば、ドラゴンボールとか、里見八犬伝とか、犬夜叉にも登場するちょっと神秘的でわくわくするアイテムだよネ?(関係ないけど、犬夜叉の子ぎつね風の七宝ちゃん可愛くて大好き♡)

この自分の脳のなかにある「のうだま」をいかに動かすか?うまく使いこなすか?が、やる気スイッチ達人への道で、そのノウハウが書いてあるのでするるる。

 

 

もうひとつ、ユニークだなって思うのが、トメさんと共著になっている池谷裕二さんの存在。東京大学大学院薬学系研究科准教授で、文部科学大臣表彰若手科学者賞、日本薬学界奨励賞、日本薬理学会学術奨励賞、日本神経科科学学会奨励賞など賞をいっぱい受賞している科学者なんです。わかりやすく脳の働きを書いた本で有名。で、本は、トメさんが池谷さんを訪れて、「のうだま」について色々とお話をきいていく感じで進むんだけど、ちゃんとした専門家がわかりやすく説明しているのを、トメさんがよりわかりやすくマンガで説明してくれるので、読む側も、納得指数がとっても高い。☆5つですな、ふむふむ☆☆☆☆☆

 

Follow me!