「のうだま」は、やる気の秘密☆☆☆☆☆2

2017年7月5日BLOG 「のうだま」は、やる気の秘密☆☆☆☆☆1 を書いて、内容が読めればいいかな?って思って、本の写真を載せましたが、写真をクリックしても字が読めるほどには拡大出来ないみたいなので、もう少し大きい写真に更新しました。クリックしてみてね?前よりは字が少し大きくなると思います。

人が「やる気」になってる時は、「のうだま」=淡蒼球が活性化しているんだって!。ただ、不便なことに「のうだま」は、自分の意志では動かせない無意識領域にある脳部位なのです。自分でコントロール出来たら、ここぞという時に「やる気出すぞ!それっ!」って出来るのにねぇ。この「のうだま」にあたる脳部位は、人間だけでなく、哺乳類全般、鳥類、爬虫類、魚類にもあるそうです。ギョギョ~。例えば、[敵が来たときにどっちに逃げるか]等とっさの判断をする原始的でとても重要な部位。なので、生物に意識が芽生える前から活躍していたのではないか、ということです。(本の文章をひろってざっくりまとめた内容です)

「のうだま」=淡蒼球が「やる気」に使われるのは、人間などの高等生物だけ。しかも、それは本来の使われ方とは別なもの。でも、本来の機能も残っているので、「カラダを動かす」と「やる気が出る」という効果に結びついているようです。

自分の意志では直接動かせない「のうだま」。でも「のうだま」と連動する4つのスイッチは、自分の意志で動かすことが出来る!!!この4つのスイッチを入れて「のうだま」を活性化させよう!

そんなことが、書いてある本です♡

 

Follow me!