ジャンベをストラップで持つ方法 by Abdou

じゃじゃ~~ん。ついに昨夜は夏バテしてBlogを書き終わらないまま、寝落ちしてしまいました~(>。<)くくぅ~~~。お許しくだされい、無念じゃ~~。じゃ、ジャ、ジャンベのワークショップのリポートをしたので、今回はせっかくだから、Abdouにジャンベをストラップで持つ方法を教えて貰いましょう。わかりやすいように小ぶりのジャンベと細めのストラップで実演して貰いました。

1)まず、両手でストラップを左右均等な長さに持ちます。

 

 

 

 

2)この輪を、自分のジャンベの向こう側に回して、3)ジャンベの胴のくびれた所にかけます。

 

 

 

 

 

 

4)そして、両手を引き上げると、こんな風になります。ジャンベの胴のくびれの所には、紐が編んであるので、しっかりひっかかるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

5)ここが、ちょっとムズカシイので、よ~く注意して見てね?右手と左手の輪を合わせて6)まとめて、6枚目の写真のように開きます。

 

 

 

 

 

7)この形です。真ん中に大きな逆三角形、左右両側にとんがりうさぎ耳です♡

 

 

 

 

 

 

 

8)真ん中の逆三角形の中に頭をくぐらせます。よいしょ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

9)頭をくぐらせて、首からジャンベがさがった状態に落ち着いたら、10)片手づつ、とんがりうさぎ耳の部分に通します。右左両方を通したら、首の後にあたる部分や、背中の紐の当たり具合を調整しましょう。

 

 

 

 

11)ハイ、ジャンベもストラップも小ぶりですが、こうなります。実際には足の間に挟んで演奏する位置に収まるようにします。今回は小ぶりのジャンベを歩きながら叩けるように斜めにかけて貰いました。

 

 

 

 

 

 

12)背中から見ると、こんなふうに、きれいにたすき掛けになっています。このストラップの細さだと、重いジャンベは肩に食い込んで長時間の演奏は痛いかも、、、

次回はストラップの種類や、作る時の注意について、紹介しま~す♡♡♡

 

 

Follow me!