はりねずみ・プンクックの思い出♪

今回は「はりねずみ・プンクックの思い出♪」を紹介しま~~す♡きのうのBLOGに載せた、最近お気に入りのステイショナリーたちの中に、はりねずみのダイカットメッセージカードがあったのに、気がついてくれたかにゃ?これこれ。この写真の。めっちゃかわいいっ♡と一目惚れして、100均で昨日買ってしまったモノです。

はりねずみがペットとして大人気だとか、はりねずみグッズがブームだとか、はりねずみカフェが大人気とか、最近、はりねずみの話題がよく取り上げられています、ネ?なんだかちょっと、うれしいです。

なぜなら、実はMari、1986年に、初めて正式に来日したという(その時、スタッフにそう聞かされました)ミミナガハリネズミのキャンペーン盛り上げ隊のひとりとして、ちょっぴりお仕事っせて頂いたからなのでありまするる♡生写真を数枚貰い、ミミナガハリネズミのことを色々と説明され、キャラクターのイラストの説明も受け、そしてなんと!小島一慶さんと、ミミナガハリネズミのテーマソングまで歌ったんで~す。はりねずみのニックネームは「プンクック」。この写真見て見て見て!今はもう幻のシングル・レコード/7インチ盤!(ウワァ~!まぼろし~)で、1986年発売されましたなり。

 

A面が、小島一慶&Mariによる「おもしろでっかちプンクック」、B面がTBS系テレビ「わくわく動物ランド」エンディング・テーマ~ウィンディ・ウィンディによる「オーシャン越えてヤァ!ヤァ!ヤァ!」。

きゃーもぉーハズカシイくらい超昭和!何もかもが昭和でしょう、わっ!

 

写真の本『ぼくはプンクック』『ミミナガハリネズミプンクック』は、勁文社からは「ケイブンシャの大百科別冊」として刊行されたもので、ミミナガハリネズミ(オオミミハリネズミ)がばっちり紹介されました。

黄色い帯に『わくわく動物ランド』という番組で放映されて大人気になったミミナガハリネズミ「プンクック」=(ニックネーム)のカラー写真図鑑」って書いてあります☆

 

ほんっとうに可愛くて、愛くるしいでしょ?ミミナガハリネズミは、現地ではゴンファザァと呼ばれています。この本はエジプト政府観光局の協力により、エジプトでの取材が30%ほどを占めていて、カワイイ写真がいっぱい。はりねずみの特徴や生活ぶりもわかりやすく描かれ、充実した内容になっています。「オアシスの岩の下や草の中をのぞくとプンクックのおうち。一つの穴にはプンクックが一匹。硬い土でも3、4時間で掘ってしまう。」とかね?

レコードのジャケットや本の中のはりねずみのイラストは、あの「オスカル!アンドレ!ふえるぜん!」のベルバラを書いた有名な漫画家の里中真知子さんが描いたものです。アニメ化する予定だったような気がしたんだけど(声をやらせてもらえるかもと期待した記憶があるので)、残念ながら実現しなかったみたい。1986年のはりねずみブームは、プチブレイクにて終わった感です。ネットもなかったから、広がり方も限られていたし、、、

 

さて!この度、ついに大ブレイクしたはりねずみ。かわいいイラスト、デザインのグッズもたくさんショップにならんでいるし、人気度はまだまだ上がりそう。ご縁があってペットにする方、どうぞ末長~く♡しあわせにしてあげてくださいm(_  _)m ショーワなMariでした~~

Follow me!