セネガレ若者にはやっぱり若者オーラ、あるなぁ~

Mariの周りのアフリカンやアフリカン・アメリカン(=アメリカの黒人)の友人達は、みんな年齢不詳なくらい若い。ニャマ・カンテも、A.A.S(=アフリカンオールスターズ)のB.Bモフランはじめどのメンバーもそうだし、HEY!WAO!のローレンスやジョニーダイナマイトも、バイファル・レボリューションのアブドゥはじめメンバー達も、アフリカンフェスティヴァル横浜の代表コフィも、あの人もこの人もみ~~んな、つやつやピカピカ生命力が漲っている感がある。DNAなのか、食べてきたもののおかげなのか、精神の在り方なのか、、、とにかく羨ましいでするるる~~。(真ん中が”ソフィ・ケルギ”のリーダー、ワガン・ンジャエローズの弟のアブライ君。テレビにもよく出演してるから、ヨロシクネ♡)

きのうはセネガルの若手アーティスト・アブライ君達に歌をお願いしたんだけど、実際に20代くらいの若者が揃うと、やっぱり若者オーラがビンビンしてて違うな~と思いました。(30代以降の友人たちとよ、ごめん!)道を歩いててもイケイケ感がありあり。世界共通なんだね~あはは。

それで、ボガちゃんとか、30代超えるとみんな「ぼくはもうオジサンだから。」って自分をオジサン呼ばわりするんだね~~。そっか、このイケイケ感は、家庭を守る責任がまだない若者の特権なのかな?写真、向かって右はしが兄貴分のボガちゃんです。この日はまとめ役兼通訳で来てくれました。(みんな日本語しゃべれるけれど、レコーディングだと、専門的な細かいニュアンスなどを伝えるには、ネイティヴスピーカーでミュージシャンじゃないと難しいので心強いです)

 

この腕時計、誰のかわかる?はい、「41」Tシャツのアッサン君ので~す。アフリカの人の中でも、特にセネガルの人は総じてオシャレな人が多いです。総じて背が高く、手足が長くて顔が小さいので、何を着てもかっこよくなっちゃうしネ♪

 

 

この日のセッションはあっという間に終わりました♡みなさん、お疲れさまでした~~。この週末は西アフリカの友人達と仕事で会いまくれて、楽しかった(^^)写真の後でお茶目してるのはディレクターのOさん。縞々シャツはディレクターのSさん。ひときわ輝いた頭の方はミキシングエンジニアのAさん。ボガちゃんがAさんに弟子入りさせろと、今日も迫ってました。(物凄くミキシングを習いたいんだって。学校まで調べるって言いだしてるくらいマジ)

Follow me!