二戸ワンワールドフェスタだよ♪アブドゥ,ラウラウ,ブジュ♪

BLOGでの報告が遅くなってしまってごめんちゃい!夜遅く新富士に辿り着き、ホテルの部屋に入ったらそのまま気絶して,朝寒くて起きたら集合時間40分前で猛ダッシュで用意してAASのみんなと公演に向かい、3公演終わって、さっき、ほっとしたところなのだ。しかも、今さっき書きかけたBLOGが、、ギャ~~~!スタックして消えてしまったぁ~~!!涙!!急いで書き直します。言い訳していいわけ?なんちゃって、、(>。<)3行書くごとに保存するぞ~~

 

10月15日日曜、きのうは二戸市役所国際交流課と岩手県国際交流協会による「ワンワールド・フェスタ in 二戸」というイベントに行ってきました。メンバーはご存知、アブドゥ・バイファル(Abdou)をリーダーに 、ラウラウ・バングーラ( LaouLaou)と、コラ(アフリカンハープ)の貴公子・ブジュ・シソコ(Boujue)、と、まり(Mari TAMTAM)。アブドゥは人柄やアーティストとしての魅力やスキルの高さはもちろんのこと、セルフ・プロデュース能力やセルフ・マネージメント能力の高さ、リーサーシップでも信頼が大きく、時間感覚や打ち合わせでのバランス感覚も含めて、安心感はめちゃ高い。待ち合わせに心配は無い。

無い…んだけど、東北新幹線には日本人でもうっかりすると間違えてしまう落とし穴がある。東京で乗る時は、「はやぶさ」と「やまびこ」がチュー連結していて同じ電車として同じ方向に走って行く。(このチューのシーンは外国、国内の観光客の皆さんが写真取りまくってます)なのに、なのになのに!途中で別々の方向に分かれてしまうのだ。しかも、別れてしまう前に途中で間違った方に乗っていることに気づいても、あっちからこっちに行けないのヨ~~!!!

そう、あの日も、アブドゥ達は待ち合わせ時間の45分前には東京駅に集まり、自分が一番ノリと思っていたMariと新幹線のホームで会った。あまりに余裕があるので、ホームの売店でお弁当買ったりしてから「座席で会おうね」と別れた。正しいホームで、正しい5号車のドアから、余裕で乗りこんだ。ああそれなのにナンタルチア。アブドゥ達が乗ったのは、同じホームから2分だけ早く出る、向いに停まっていた新幹線だったのだ。痛恨の凡ミス★★★

という事件があったので、緊張感のある待ち合わせでした。でも、今回は無事に、正しい新幹線に皆で乗り込みました♡これで一安心。アブドゥが、みんなにコーヒーをご馳走してくれました。ご馳走様でした~。というわけで、コーヒーでかんぱーい!「今日は素敵なコンサートとワークショップにしましょう!」左からブジュ、ラウラウ、アブドゥ。アブドゥは前日に福島から東京に戻ってのハードスケジュールで風邪声。カワイソウ。最近、風邪ひいている人、多いんじゃない?みんなは大丈夫?

 

みんな眠いはずなのに、ライブ動画や音楽を聴いていて結局一睡もしない感じ。東京から離れるにつれて空気が軽くなり、窓の外の景色がいつの間にか岩手の山並みに変って、無事、二戸に到着~。今回も国際交流協会のスタッフの方が改札までお出迎えに来てくれました。Mariはもうほとんど目があいてませ~ん。

 

会場の「なにゃーと」は駅と直結。山と広い空と、自然のにおいがするところ。お天気も雨を覚悟していたけれど、薄曇り。かわいい看板発見!わぁーい♡ここだここだ♡よろしくおねがいしま~す。

 

 

 

 

Follow me!