アブドゥ+ブジュ+ラウラウ♡コンサートも大成功

「ワンワールド・フェスタin 二戸」での、アブドゥ+ブジュ+ラウラウのライブとワークショップがいよいよ始まりま~す。サウンドチェックは最初、謎のハウリング・トラブルで手こずりましたが,音響さんはじめスタッフの方々が必死に対処してくださり、苦労しながら原因を突き止めて開演時間に間に合う様にバッチリ調整してくださいました♡一番奥がラウラウ。ギニアのジャンベがホールに鳴り響きます!ブジュもコラを弾いている時とは別人のようにアグレッシブなドゥンドゥンのプレイ!アブドゥのダンスが炸裂!

ひろくて天井も高~いなにゃ~とホール全体がアフリカンサウンドでうなっていました。アブドゥの達者な日本語のMCのリードで、「平和を!」平和の歌を会場のみんなと合唱。様々な国の人達、様々な年代の人達が一緒に声を合わせて歌う様子に、感動してしまいましたなり~(^。^)うるうる

ラウラウのパリパリパキパキきれっきれのジャンべサウンドや、ジャンベフォラ流の片手で演奏、片手でパントマイムをして皆を楽しませる演奏も最高!

 

何より、チャーミングに目をくりくりさせたり白い歯の爽やかな笑顔になったり、おどけたりと、表情豊かな百面相が楽しい♡たっぷり、ジャンベソロも見せてくれました。

 

 

 

 

そして、今回、Mariからリクエストしていたのが、ブジュのコラのみの独奏曲。太鼓と一緒の演奏もいいけれど、コラのソロでゆっくりとアフリカ音楽の別の深い世界も、みなさんに知って欲しかったのでお願いしました。なにゃーとホールの天井の高いデザイン、舞台の背後の奥へとせりあがる木の客席兼用の階段が、コラの音色と相まって、荘厳で神聖な雰囲気を醸し出していました。窓から差し込む薄い光もやわらかくて、なんだか神々しいような、、、

 

 

 

「きょうは、ここで演奏出来て、とても嬉しかった。」

あまり饒舌ではない感じのブジュが、ゴキゲンであれこれと楽しそうに話をしてくれた。初めてコラを聴いたお客さん達が、コンサートの後で積極的に話しかけてきてくれたのも、嬉しかったみたい♡

「Mariと仕事するのは楽しい。I like to work with you very much.」とまで言ってくれて、Mariも大感激~。岩手♪二戸のみなさんのおかげです。ありがとうございました。

Follow me!