O先生に思いがけず再会♡

高坂小学校の体育館に着いたら、なんと!懐かしいO先生がいらして、びっくりしました。朗らかでpositiveエナジー満々の女性の先生で、以前にやっぱりAASで公演した小学校でお会いしたO先生だったんです。思わず駆け寄り、ハグし合っちゃった♪O先生と最初にお会いした学校公演では、みんなで歌ったり笑ったり踊ったりした後に、生徒さんからのプレゼントを頂きました。それは、「歌のプレゼント」で、美しい子供の歌声による見事な合唱だったの。

いしょうけんめい歌っている子供達の顔が何とも可愛らしく、輝いて見えて、あんまり素晴らしくて、聴きながら涙がでちゃいました。いっぱい練習してくれたんだな~。メンバー一同、サプライズに大きな拍手をしたのを覚えています。その合唱を指導したのがO先生。高坂小学校に移動して来たそうです。いくつかのプログラムで学校公演をやっていると、時々、こういう思いがけない再会があります。そして、この日は低学年と高学年のための2回公演だったけど、どちらも、声がとても大きくて、まっすぐで、手拍子やリズムセッションのリズム感が、ものすごく良くて、WinterHawkはじめメンバー全員が、休憩の時も終演後も、話題はそのことで持ちきり。

「この学校はいつもと何か違う。」「歌い方も全然違うね?!」「なんか、、、なんていうか、、声がまっすぐでキレイ、、プロ?音楽勉強してるプロみたいな感じ?」「キャッチするのがve~~~ry早いよ?!」「不思議な感じだ」わいのわいのわいの。日頃、たくさん歌を歌ったり、楽器を演奏して音楽に慣れ親しんでいる学校の生徒さん独特の、リアクションや歌声だったから、いい悪いではなくて、勝手が違ってしまった・・・・・という感じ?O先生が音楽の先生だから、なるほど、、と思いました。これまた、たまにあることなんです。でも、生徒さん達の音楽的レベルが高い時は高いなりに、セッションの内容を難しくてチャレンジ出来るようにしたり、どっちにしても、楽しい公演になるので、ノープロブレム(^^)ひとりひとりが皆違うように、ひとつひとつの学校にも個性があり、毎回、一期一会、どんな公演になるのかが、とても楽しみ♡だから、私達にとっては、学校の芸術鑑賞会は、「その学校の全てのみんな(先生も生徒も父兄も)と一緒に創るもの」なので~す。今度は、どんな公演になるのかなぁ~

Follow me!