100円の刀のおもちゃ& 模造刀の注意点

おととい、久しぶりに日曜日の「朝の子供番組から、お昼のおもちゃ売り場」という黄金コースを辿ってみたことをBLOGに書きました。その時、おもちゃ売り場で戦隊ヒーローもののアイテムとは別に、目についきやすい場所にあったのが、「おもちゃの刀」でした。お値段も1000円以下。軽~いプラスティック製で、手にとってみると、ナント葵のご紋の印籠付き!買おうかな?と思ったけれど、この前100円ショップで同じ様なプラスティックの軽~いペコペコしたおもちゃの刀を2本買ったばかりだったので、やめました。

そうなんです!最近、100円ショップでも売っているんです~♡Mariは嬉しい!なぜなれば、狭い家の中で振りの練習をするのに便利だから。しかも100円(正確には108円)で、」鞘付きで、刀を鞘に納めてグッと押し込むと「パチッ」ならぬ「ペチン」と一応手ごたえと音もするんですよ~~。当然、お子ちゃま達も買ってもらって、振り回しています。ここで、唐突ながら、みんなに声を大にしてお伝えしたいことがありまーす。

 

「るろうに剣心」の大ヒット以来、刀剣系のマンガやアニメが次々と人気で、刀そのものも人気が高まっていると言います。それは嬉しいことなんだけど、事故には気を付けてくださいね!棒や刀など長いものを持つと振り回したくなるし、水鉄砲や銀玉鉄砲など飛び道具を持つと撃ちたくなるのは、どうも私達人間の性みたいです。知識がある先輩や指導者に教わって、刀を振る場合はいいけれど、そうじゃない時は、絶対に、まず以下の2点について注意して欲しいの!

ジャカジャーン♪<1>とにかく、刀の先がスポッと抜けけないか、しっかりチェックすること!おもちゃでも、絶対にチェックしてくださいね?刀に限らず、演芸用のステッキや、傘、振り回すものはとにかく、スポッと抜けたらとても危険です。誰かの眼や顔や膝を直撃する可能性があることを意識してくださいね?写真の100円刀もチェックしたら抜けやすそうな構造の場所があったのでテープで補強しました。

 

<2>怖いのは模造刀です。殺陣用として作られている刀以外の模造刀は、絶対に絶対に振らないで~!!!お手頃な値段で売っている模造刀はだいたいが鑑賞用で、殺陣には使えません。振り回すと、物凄く危険です。刀身が抜けて飛んでいく可能性大なんです。ちょっと振っただけでも意外なくらい大きな力がかかるの。だから、専用に作られていないモノは、耐えきれずに簡単に抜けてしまいます。折り畳み式のステッキも同じく。ある日突然耐久力のピークを超えて、ブンッてバネがキレてステッキの先端部分が物凄い勢いで飛んでいく可能性があります。実際に、飛んでいく瞬間を見たことが有りますが、誰かに当たったら、、という恐怖で凍りつきました。幸い誰にもあたりませんでしたけど。。。。。

実は、お芝居や舞台で、刀に関する正しい知識のない人だけで刀を使用するケースが意外と多いようです。ネットで想定外に安く購入出来た立派なルックスの模造刀を、稽古場に持ちよって自慢し合う、、、、なんて覚えはありませんか?腰から差しているだけならOKだけど、間違っても殺陣やダンスシーン、芝居の仕草で、振り上げたり振ったりしないでくださいね?悪気がなくても凶器になり得るって、覚えておいてください。

 

正しく剣術を学ぶのは身体と心にとってもよいので、せっかくなら、日本の伝統芸能のひとつ、ちゃんと体験して欲しいです♡ヘイワオドットコムも、今年後半に、新プログラムでアップする予定で~す。おもちゃ刀で遊んでいるお子ちゃま達にも、周りの大人が注意して事故がないようにしたいなと思うこの頃です。

Follow me!