オリンピック・シンボルの意味ってなぁに?

きのう夜は、冬季オリンピックの開会式がありましたね♪オリンピックとはいえども毎回、政治的にはいろいろあるけれど、開会式の時は何となく「そういったことはとりあえずおいといて、さあ!平和を願うスポーツの祭典で~す!」という雰囲気になるんだなぁ~。

ストイックに切磋琢磨してあの場に立っている選手の人達は、たしかにそういう事とは関係ないんだものね。「世界平和」「全ての人々が幸せに」という理想のビジョン、平和への願いを堂々と歌い上げてみんなで一緒にそのビジョンの実現を願えるひととき。大事なのかもしれない、、、と思いました。それに、毎回選手の演技を見ているだけで、彼らのとてつもない能力と努力と、その裏側にある多くの人達の支えや思いを感じ、ただただ感動してしまいます。

ところで!いつも目に触れるアノ、オリンピックのシンボル・マーク。正式には「オリンピック・シンボル」と言います。最近の開会式を見るおたのしみポイントは、<聖火台にどんな風に聖火がともるのか>と、<オリンピック・シンボル>をどんな風に描くのか?>なのでありまするる。

 

あのマーク。誰が考えたんだろう?いつから使われてるのかな?どういう意味があるの?。。。。と気になったので、今さらだけど、調べてみました~~~。みんなはもうとっくに知ってるかもね(^^)ま、付き合ってやってください♡

 

あのマークは、オリンピックの創始者である”ピエール・ド・クーベルタン氏”が考案したものです。1920年にIOC創立20周年記念式典が行われた際に公表され、以来約100年の間、受け継がれ、使われ続けています。歴史があるんだね!?わお!

 

♪青、黄、黒、緑、赤の輪の色の意味はというと???それぞれの色は世界5大陸「アメリカ大陸、ヨーロッパ大陸、アフリカ大陸、アジア大陸、オセアニア大陸」を表しています。”特にどの色がどの大陸と特定はしていない”と、正式にはっきり書いてあります。

 

♪♪輪が重なり合っているデザインの意味は???「全世界の人たちが平和の精神のもと、スポーツで手をつなぎ合おう」という意味合いとのことです。すてきなビジョンです♡実現にむけて私達みんなが歩んでいかなくちゃ!と切に思います。自分の出来ることをやり続けようと思います。

色の意味には、他にも、人種をあらわしている、火や水の色、などなど諸説あるみたいだけれど、あくまでも俗説で、正式な意味はこれでした。

 

 

余談だけど、クーベルタン男爵にこの5色を選んだ理由をきいたところ、「青、黄、黒、緑、赤の5色に地色の白を加えると、世界のほとんどの国旗が描けるから」と答えたそうです。

 

Mariがこうしてテレビでオリンピックを見て、ああだこうだと話せるのは、たまたま自分が今の時代の日本に生まれてこういう環境にいるからで、今この瞬間にも、全く違う環境で嘆き悲しんでいる人達や、苦しんでいる人達もいることだけは、忘れないでいなくては。。。。。。

 

だからこそ、例え今は理想でも、世界平和のビジョンを共有し続けることが大事なんだと改めて思いました。人間は、空を飛ぶことも宇宙に行くことも、海底万マイルに潜ることも、そうなりたいと回外たビジョンをたくさん実現してきたんだもの

 

Follow me!