観世能楽堂花花能3・出ましたっ!土蜘蛛の精!

GINZA SIX 観世能楽堂「花花能」最終日の最後の演目は、ご存知、「土蜘蛛」!派手な髪型にインパクトの強い能面の土蜘蛛の精が、魔法のように手から、ぱぁっ!ぱぁっ!と蜘蛛の千筋の糸を打ちとばす、アノ、大スペクタクルシーンで有名な「土蜘蛛」です!舞台写真がないので、こちらのパンフレットの写真をクリックして、成田先生のマンガを見てネ?まさにこういうカンジです。

あ、あらすじは、、、、パンフレットから引用しませう。***源頼光の館へ次女の胡蝶が薬を持ってくる。頼光は重病なのだ。そこへ怪しげな僧が現れて蜘蛛の糸を投げかけるが、頼光の太刀に傷を負い、姿を消す。駆けつけた独武者は血痕を辿り、怪物の行方を突き止め、土蜘蛛の精と死闘を繰り広げるが、ついに土蜘蛛は退治される。****というそれだけのあらすじなんだけど、土蜘蛛の精から千筋の糸がこれでもかこれでもかと打ちはなたれ、舞台中が真っ白な蜘蛛の糸でいっぱいになってしまうの。土蜘蛛の精が本来どのようなものかわからないので、この土蜘蛛さんのイラストで取りあえず宜しく(^^)

死闘を繰り広げている独武者の太刀も、蜘蛛の糸でグルグル巻きになり、綿あめみたいに真っ白。地謡の方に至っては、最初の僧の姿の土蜘蛛が打った糸が頭から顔に縦にひっかかってしまったんだけれど、微動だにしないまま、そのまま、最後まで謡い通していました。凄い。。。。。

 

 

つい、時々、彼の方をみてしまったのは、Mariだけじゃないと思う。派手派手な戦いのシーンの後に、弱った土蜘蛛が巣の逃げ帰ってしまいます。ここで、「蜘蛛の巣をデザイン化した塔のような箱の中に蜘蛛が隠れている。塔のてっぺんには、葉っぱがいっぱい」という大道具が登場。

 

 

最後は巣を突き破って出てきた土蜘蛛が、後向きのまま両手を挙げ、死力を尽くして両手からもう一度、千筋の糸を打ちはなち、そのまま力尽きて、バタッと仰向けに倒れて死んでしまう。特撮も特殊効果も特殊な照明も仕掛けもないのに、息をのんで見入ってしまうクライマックスでした。普段、刺激的な映像を見慣れているのに、これだけ引き込まれるって、すごいことだと思った。バタッと仰向けに大の字に倒れはじめた時は、「うわわわわ!」と、手を握り締めてしまったよ~。全ての出演者が退場しながら、かなりの糸を引きずって行っていたけれど、それでも舞台には糸が残っていて、お客さんみなさん、記念に写真を撮ったり、糸を貰ったりしていました。場内係の人もOKだったので、もちろん、Mariも参加。

ミー・ハー♡

もう少し、詳しく演目について知りたい方、こちらのサイトが分かりやすかったので紹介しま~す。日本語と日本文化・能「土蜘蛛」千筋の糸

では、お花の写真で目の保養、いい夢を~~~。

 

Mariは明日、B.B.Mofrank, Daudi, WInterHawkと、住田町に行きま~す。17日が本番、ワンワールド・フェスタin 住田でコンサートとワークショップをやるよ~~ん♡。近場の皆、会いにきてね~~♡♡♡ぐんな~い♡♡♡

 

 

あ、そうだ!このお能BLOG1で最初に載せた「これは何でしょう?」写真の答は、土蜘蛛の精の糸、デシタ♪

 

Follow me!