住田町新庁舎に到着~~♡ピッカピカの木造建築よん♡

というわけで、いよいよおみせしちゃいましょう!林業の町、森林の町、街の総面積およそ90%が山林という住田町の芸術品のような新庁舎でーす!ぱぱぁ~ん♪♪♪これ、入り口で凄腕高崎さんに撮って頂いた写真です。はらはら降ってる雪、見える?動画じゃないからわからないけど、この上、風も吹いていて、写真撮るのにNGショット連発だったのだ。

 

 

 

フードがはずれちゃったり「ああ~~~」、相棒のピンクレオパードが一人でコロコロ動きだしちゃったり「あれれれ~」笑。。。しかも寒いのに岡崎さんは室内仕様の服装だから申し訳なくって、、、ありがとうございました!見てください、この正面入り口に続く美しい木のデザイン!

 

もう少し引くと組み木細工のような窓がたくさんあるのがわかるでしょ?一緒に到着したB.BモフランとWinterHawkは寒いのでさっさと会場に入っちゃって写真撮るチャンスを逸してしまった。かろうじて、一目散に会場に入ろうとするdaudiデビちゃんを呼び止めて、ぱちり☆

 

 

写真だとそんなに吹雪いてる感ないけど、ホテルからの道も薄く凍っててツルツルしていたし吹雪いていて、想定外に寒かったから(^。^)でも、楽しかった♡♡♡こんな雪の中を住田町のみなさんがすでに大勢、来場してくださってて、感激でした。木とガラスのすてきな扉を一歩中にはいると、、、、、

 

 

そこは暖かな照明にぬくもりを感じる木造建築の別世界。岩手県国際交流協会のスタッフのみなさんや、住田町の役所のみなさんが笑顔で出迎えてくれます♡笑顔の2人はお馴染み、岩手県国際交流協会の方々。椅子に座っているのはボランティアスタッフの外国人留学生の女性。彼女、本人もファッションも超かわいかった!早朝WinterHawkと同じバスで盛岡から到着した組の1人。お客さんにいろいろ質問されてて対応中なのでこっち向いて貰えませんでした。残念!コンサートでは踊りまくってたよん。

2階の役場から見下ろすと、こんな感じ。吹き抜けになってるんだね!?奥に見える扉のむこうが、この日のコンサート会場。でも、この時はまだ、「クップ」というスポーツ体験ワークショップで盛り上がり中だったので、African All Starsのメンバーは、手前の各国の文化紹介ブースや、各国のドリンクやお菓子試飲試食コーナー、 パテ―ションの中では日本に住む外国人の方の暮らしの相談コーナーもあったりと充実!

あっ!噂の岡崎さんとダウディで~す。新庁舎自体がアートなのと、様々な木の彫刻や家具があるのでちょっとした美術館みたい。贅沢~。ソファもあちこちにおいてあり、みなさん、お国紹介ブースのスタッフとおしゃべりしたり、ソファで一休みしたり、また試食したり、スタッフに質問したり、、とのんびり過ごせている様子。Mariは走り回っていたので今回は写真撮る時間なかった~~。ごめんね~~。そのうち、協会が撮った写真が届くからまた紹介するね?待ちきれない人はこちらで写真チェックよろしくっ。「ワンワールド・フェスタface.book」

そうそう、Mariの大好きな民族衣装試着コーナーもちゃんとあったよん。前日に会場セットやサウンドチェックに来た時撮った写真がちょっとだけあったのでアップ。モフランとすっかり夢中になってしまいました。今回は韓国の衣装も多かった?オリンピックの流れかな?これ、着たかったな~。刺繍がかわいかった♡

当日試着して写真撮りたかったけど、甘かった(>。<)また今度ね~~住田町教育委員会のボランティアスタッフの方々もあっかるくて、メンバー一同を盛り上げてくれました。あと、県庁舎のスタッフの方々も、何から何まで気持ちよくサポートしてくださり、心からの「おもてなしワンワールド・フェスタin住田町」でした。ぬくもりや暖かさ、明るさを感じたのは建物からだけではなくて、イベントを作る全員のバイブレーションもあったんだなぁ~絶対。

Follow me!