きたきたきた~アジアンナイト写真!

 

おっまったっせっしましたちー!岩手県国際交流協会からアジアンナイトの写真が届きましたちー!みてみてみて~♪ランバンサリ本番の写真です。もうキャンドル入場は終わって舞台が明るくなったところ。青銅のガムラン楽器が黄金に輝いちゃってて、豪華絢爛な雰囲気でしょ?もうどんどん写真紹介するね?

 

 

レポートは前のBLOGを読み直してちー♡あの左奥の、メンバーの頭上あたりに波打っているのは龍?の彫刻です。大きなドラ、ゴングを下げるスタンドなんだけど、料端に立っているスタンドの脚も見えるかな?黒と金でもうスタンドというよりは、芸術品。龍の部分を叩いたりこすったりと演奏するわけではありません。どの楽器のスタンドも精密な彫刻がほどこされていたり、とにかく美しい。そして、青銅の重たい楽器の響きが最大限にいかされるように、楽器を支えるためにドッシリと重たくガッチリと頑丈に出来ているんだって。ステージ床の柄は、もちろんバティック布。贅沢に敷き詰めてます~。

あ、こちらが前のBLOGで紹介したジャワで舞踊科を卒業し活躍したダンサーのアユ・イスカンダルさん。キャンドルで入場した後、これは、、、花びらを撒いているシーンです。実は舞台上にも花瓶に生花が飾られています。神様への捧げものだそうです。

 

 

どの瞬間も完璧な彫像みたいでしょ?

そして常に浮かべている美しい微笑み。これ、フラとも共通しているのかしら?

ダンサーは心から美しい心地よいバイブレーションを発するのが基本だとか?そういう気持ちになろうとするだけでも、心がきれいになりそう。。。ほら、お客さんもみんなうっとり、魅入っています。

アユさん、今回は特別に歌でも参加してくださいました。ランバンサリの歌姫との贅沢なツインボーカルで透き通った優しい声が寄り添いあって、ガムランのアンサンブルの中をそよ風のよう。写真左端=珍しいインドネシアのウクレレ?ギター?や、アンクロンも登場してのお馴染の日本の曲も演奏したり、外が吹雪だなんてすっかり忘れてしまいました~

 

 

 

 

 

 

Follow me!