2018 アフフェス横浜初日レポ5・ミタマ・ボイス・ハーモニー

「ミタマ・ボイス・ハーモニー」=MiTAMA Voice Harmonyは、リーダー鬼無さんが率いる大編成のコーラスグループ。プロアマ老若男女国籍も様々な、歌が大好きなメンバー達の集まりで、数年前から、必ずアフリカンフェスティバルよこはまの開会式典のオープニングで、テーマ曲を素晴らしいハーモニーで歌ってくれるんです。身体全体で腹の底からまっすぐに声を出すの発声法と、歌う喜び&ハモる楽しさをまっすぐに歌声に乗せている心地よいパワフルななハーモニーは、毎回開会式典を華やかに飾ってくれます。コーラスアレンジも高度で凄い!シンプルなテーマ曲がオーケストラ曲みたいに展開していくんです!

でも、日本人グループなので、一般公開の時間帯にステージをやったことがなかったので、一般のお客さんは知らないままでした。今年は、ナント、そのミタマ・ボイス・ハーモニーさんが、ついに一般公開のステージに出演したんです!「歌で世界を平和に!」というグループならではの、世界のメッセージ性ある名曲が並ぶプログラムでした。意外だったのが、ぼさぼさ頭の鬼無さんが、すっきりと短髪になっていた事。

今までは全身を弾ませながら踊るような指揮をしていただけのその、リーダー鬼無さんが、今回はリードシンガーとして歌っていた事。カラオケ音源を使って歌ったこと。アカペラ演奏しか聴いたことがなかったので、かなりイメージが違って驚き。東京は多摩川、横浜は本郷台で定期的にワークショップをやっているので、興味あったら、ぜひ、体験参加してみてね?

Follow me!