さぬきこどもの国こどもフェスティバル(2)空から見たら

ひさしぶりの飛行機なので、空からの景色が見たいなって思って、窓側の席を立て並びに予約しちゃいました。以前は九州沖縄をメインに年間けっこうな本数の公演で行き来していたので飛行機に乗りまくっていたんだけど、ここ数年は飛行機に乗る機会が減っていました。なので!普段は窓側に座りたっくてもトイレとかで出入りする時に隣りの人に迷惑かけるから通路側に座るんだけど、今日は特別さっ!へっへ~ん♡富士山が見えるかも???と思ったので右側。実際には右側でいいんかしらん?新幹線だと関西方面へ行くときに富士山みたいなら右側の座席なんだけど、じつは飛行機に関しては知らないのだ(^は^)ははは♡ツメが甘い象~パオー♪快晴で3人ともごっきげ~ん♡離陸してまずは、海に浮かぶ船が目に入ります。おおおー♡青に白!いいなあ~

すぐにぐるーっと旋回して品川区川崎市あたりが見えてきました。自分んちを探すのに超集中するMari。窓に顔をくっつけて夢中でござる。空にも仕切りがあって、米軍の何とか空域は通れないので、羽田空港発着の飛行機は遠回りしなくちゃいけないってテレビで言ってた。チリツモで燃料費とか時間、かなりかかるんだろうなぁ。でも最近はたまにしか乗らないし景色が見たいMari的にはこの遠回りもちょっと嬉しかったりして、、、

ちょっとすると、緑の景色に、、なんていうか、、、、空から景色を見ると地球は生き物なんだって実感する。昔昔、映画「地球交響曲=ガイアシンフォニー」の初回に帰せずしてかかわったご縁で、龍村仁監督に大きな写真集をプレゼントされたことがあります。当時は宇宙からみた地球の姿や、宇宙空間に浮かぶ地球の出?暗闇に日出みたいに地球がぽっかりと半分姿をあらわしている写真が出回りまくって大人気になっていました。ポストカードとか買いまくったぜ(^。^)あの写真で人類の地球に対するイメージや意識はずいぶんかわったんじゃないかな?って思った。今も思ってる。だって小さいキッズでもそんな地球の姿を当たり前に見て知ってるんだもんね(^^)

みんなも知ってる通り、写真集ってけっこう高いじゃない?龍村監督がプレゼントして下さった写真集は、Mariが欲しくて欲しくて、でも高くて買えなかった地球を空から撮った空撮写真集。しかも特大で枕くらいの大きさのド迫力版。暇さえあればながめていたお気に入り本です。小学校の時は動物図鑑がお気に入り本でボロボロになるまで見まくっていたけど、それくらい見まくった。見てくだされい!すごいよねぇ、、、

 

高層ビルから見る夜景でさえ、メインストリートを流れる沢山の車のライトが血管を流れる血液みたいに見えたりする。自然の景色なんてもう、人体の神秘にそっくり!自分の体内を見ている?なんかわからないけど、感動するし、やたらハイになっちゃう。自分はこの地球にはりついて生きているちっちゃなちっちゃな、地球の一部なんだなって思っちゃう。「母なる地球」「Mother Earth」って言った人、すごい!

そうそう、昔は機内から写真が撮れなかったの。撮ろうとするとスッチーさんに注意されてしまって。。。でも、今回はWinterhawkが「機内モードにすればダイジョーブ」と教えてくれて、スマッホッホーで写真ぱちりぱちり。ゴールデンウィーク中だけど、座席もガラガラだったので、気が楽。雪山が連なる景色も写真撮ったはずなんだけど、なぜか見当たらなくて、、、どこいっちゃったんだろ???ごめんね!

肝心の富士山は見られずじまい。スッチーさんに「きょうはどんな航路で飛んだんですか?」とANA備え付け雑誌の航路マップを拡げて訊いたところ、困った顔で「すみません、、ちょっと、、、わからないんです、、、あの、きいてきましょうか?」「。。。。。」窓の外はもう瀬戸内海四国の独特の風景。「いいですいいです、大丈夫で~す、ありがとうございました~」岩手とはまた形の違う低いお山がこもこもとあって、あとは遠くを見渡せる平地。高度がぐんぐん下がっていく~~「ピン☆」シートベルト着用の合図音だ。着いた着いた、やっほ~~♡さぬきっ♪香川っ♪

Follow me!