AAS伊丹4週目初日・SY小でマラカスの手当☆

ついにAAS伊丹ツアーも最終週=4週目に突入です。初日はWinterHawkとMariは朝一番新幹線で、先に前のりして日曜日にもうホテルに泊まっているみんなと合流する段取り。先週乗り換えで迷いまくったので、今週は余裕さっ(^^)はっはっはっ♪まず新大阪での乗り換えはよゆうーよゆうー。あれだけ苦労して辿り着いた乗り場だもん、忘れません。向かって左がWinterHawkのラゲージ。コンパクト。楽器類などはホテルに預かって貰っているので身軽なのだ。右の水玉は毎度Mariの。このほかに背中にミニキーボードとビデオ三脚とパソコンをしょってます。泣けちゃうくらい今回もてんこ盛りでっする。ヤレヤレ。

 

Mariの今週のお供はピーチク&パーチクです。(一応ペンケース)。ちなみに先週は盛岡で荷物からこぼれ落ちて奇跡の機関を遂げたモモンガ・こももでした。(一応パスケース)。順調なはずの乗り換えは、尼崎で再びカオスに~~自信たっぷりでナビしてはホームを間違えるMariにWinterがゲンナリしているのがわかるので、焦った~~。

例によって、時刻ごとにこっちのホームと隣のホームにアットランダムに電車が停まるから難しいのだ~~。ごめんねー(>。<)でも、やっと乗り込んだ宝塚線の優先席が、すごくカラフルでラブリーだったので、気分が救われましたなり。ちょっと面白いでしょ?摂陽小リハーサル後、Mariがキネシオで指にテーピングしてると、JPが「Mariそのテープは強い?弱い?」さあ~~???でも、くっつくよって返事したら、ちょうだいって頼まれました。

「何するの?JPも指にテーピングする?」JP「マラカスのホスピタルね」。先週、演奏中にJPのマラカスの1つが割れて、中のビーズが飛び散ってしまったのでした。スタッフさんが拾い集めておいてくれたのを、大事に持っているらしい。中身のビーズって実はすっごく大事なの。違うと音が変っちゃうから。

シェケレも、本体の瓢箪にどんなビーズを着せるかで、全く音が違ってしまう。Mariのお気に入りシェケレもいよいよ破けてきてしまった。。。また今度写真見せるね?というわけで、JPがマラカスのドクターになって、壊れたマラカスの手当を始めました~☆なるほど~、こうやるんだね(^^)ふむふむ

SY小学校は全校生徒が全員一緒に、コンサートを観る形。最後列の生徒さんの顔もしっかり見える人数で、一体感のある公演になりました。アンコールの弾け方が凄かったです。ネタばらしになっちゃうけど、ソーラン節アフリカバージョンでキャッキャッとジャンプしまくり。上級生も下級生に負けないくらいジャンプしていて、壮観!毎回、いろいろ楽しいんだけど、とにかく、写真を紹介出来ないから、なかなか伝わらなくてごめんね!

公演後にBBがコスプレしはじめた時の写真。こんな面白い写真を撮らせてくれるくらい、ゴキゲンな公演だったのでした。「なんだこれ!シャーマンのお爺さんかお婆さんみたい!」とDaudiが爆笑して、わいのわいの。「なんでお婆さん?!」とちょっとご不満そう。でも、お婆さんの演技を始めるBBでした。ああ、面白かった(>v<)

 

 

Follow me!