電車のドアに気をつけましょ~~

こんばんは~~雨でするね~~梅雨入りだって?ああ~もう梅雨入り、、、、

ところでこの前、稽古の帰りに新宿で山手線に乗ろうとしたときのこと。そんなに凄く混んでたわけでもないけど、そこそこ混んでるなか、稽古着の入った小さいキャリーを引っ張って乗りこみました。特にギリギリで駆けこんだわけでもなく「間もなくドアが閉まります」を聞きながら乗ったんだけど、疲れててとろかったのかな?

なんとなんとキャリーを引っ張ってる腕がまだ半分ドアの外に残ってる途中で、ドアが閉まっちゃったのだ!これが、けっこう痛い。ちょうど力こぶが出来る下あたり。細い板で両側からガツンと挟まれたカンジ☆それで、一回広く開いてくれれば、中に腕とキャリーごと、ひっこめられたんだけど、なぜか、大きく開かないで、腕のところだけで、ガンッガンッガンって連続攻撃状態に~~(>へ<)なんとか体をひねって、右手でドアを開こうとしても力が入らないし、、、

せめて手首くらいまで引き込めれば体の向きがしっかり変えられて右手をドアにかけて力も入れられたんだけど、それすらできないくらいのスピーディーな連続攻撃で、正直焦りました。このままじゃキャリーなんか、絶対引っ張りこめないし、めちゃ痛いくて泣きそう~~周りにいる人に助けを求めようにも、スマホに夢中で気付いてくれない若い女性と男性。このまま発車しちゃったらどうなるんだろう、、、とか、どんどん不安に、、、(写真は伊丹ツアー中に発見して、悩んだ末、結局買ってしまいましたレックス君です~ポインコ・ミニがコバンザメのように遊んでます♡500mlのペットボトルが1本入るリュック*という点を理由に、実用的だからと買ってしまいました。。。

伊丹ツアーでは風邪と共に”自分にごほうびフィーバー”が発生、他にもルリ・コンゴウインコの非実用的な癒し系ぬいぐるみや、ポヨポヨな一応実用的という言い訳ありの鳥さんリュックも買ってしまった、、、あ~あ^)カーブしている長いホームの一番前の方の車両だったから、車掌さんからは見えない場所だで、運が悪かったといえば運が悪かったんだけど。幸い、若い男性がスマホから目をあげて、ちょっとドアノブに手をかけてひらいてくれたら、その力に反応してドアが1回、大きく開いたので、救われました。ビックリした~~~

恥ずかしいから、何でもない振りしてたけど、腕はかなり痛い。すぐに冷やさないとかなりな青あざになる予感。あれだけ、ドアが閉まらないのに、車掌さんは気がつかないんだろうか?(女性の声でした)。どういう仕掛けで、どういう時なら反応して大きく開いてくれるんだろうか?でも、これ、もし子供とか、お年寄りだったらどうなってるんだろう?骨太Marichiiだからこんなで済んだけど。いろいろ想像し始めたら、だんだん「これは、駅員さんに伝えに行かなくちゃ!」って気持ちになり、別の駅で降りた時に、改札にいる駅員さんに話をしに行きました。訊くと、ドアは閉まらないからといって必ずしも一度大きく開くわけではなく、逆に今回みたいに閉まろうとすることもあるとか。空気で反応するとかしないとか、あんまりよく理解出来なかったけど、そんな仕掛けらしいです。いや、どんな仕掛けか実は全く理解出来てません、はい、、、、、

ある時からエレベータのドアも当たりが強くなった気がするのはMariだけでしょうか?あんまり反応が良すぎても問題があるのでしょうけど、、、、で、駅員さんは「腕は大丈夫ですか?」と聞いてくれたけど、打ち身が青あざになるには時間がかかるから訴えても仕方ないので、そこはもういいことにしましたなり。きちんとしかるべき部署に出来事を伝えてくれると目をみて言ってくれたので、話にきてよかったって気持ちになりましたなりん。みなさんも、ドアに挟まれないよう気をつけてね?そして予想どおり、腕には今、青あざがバッチリです。やれやれ、、、今週の吹田市のAAS公演と、岡崎市のこども劇場公演の時は、まだ消えないだろうなぁ~~カッコわる(>。<)体育館の舞台ソデにある手動の幕上げ下げの取っ手や、備品の角なんかにも時々ぶつかって青あざ、絶えません。

Follow me!