フレサよしみAAS公演・自慢の展示コーナーで~す♡

今回、初めて実現出来たコンサート&アフリカの文化紹介展示コーナー♡小さいながら、アフリカのコンサートの雰囲気を盛り上げることが出来たなぁって、自慢したい気分。フレサよしみは、前に打ち合わせに行った時のBLOGにも書いたけれど、建物がとってもおしゃれなデザイン。ロビーも壁面全体がガラスだったりして、明るい。到着早々、担当のKさんが「展示コーナはここがいいかなと思って、、」と用意して下さっていたスペースに案内してくれました。会館の入り口を入ってすぐ左手のちょうど手頃な広さの明るいギャラリーみたいな空間。まず、Kさんがお客さんに配るようにデザインしたパンフレットだけが「待ってたよ~~♪」って感じでパネルに貼って置いてあり、「ここから始まるぞ!」って待っててくれてた気がしました♡テンションアップやー!

かんかん照りの日差しの中、展示コーナーの準備を汗だくになってやってくれたのは、heywaoドットコムの展示コーナー担当&デザイナーのYUKO(ゆうこ)ちゃんとUMI(うみ)ちゃん。そしてフレサよしみの若手イケメンSさんとボランティアスタッフの❀さん。この明るい陽射し、スタッフは大変で日焼けしまくったけど、アフリカ感が出てましたなりん。

 

(この写真は全部UMIちゃんが準備の合間に撮ったので、YUKOちゃんしか写っていません)

Mariは持って来たカンガなどをスーツケースから出してYUKOちゃんに「ああしたい、こうしたい」的なイメージや希望をおおざっぱに伝えただけで、後は舞台の方にかかりっきりだったので、一段落してのぞきに来て、ひっくり返ってしまいました~。(汗だくになりながら、ひたすら働き続けるYUKOちゃんデス)

 

 

あんまりステキになってるんだもん!!!フレサよしみのスタッフさんがパネルをやイスやテーブルを好きなだけ使っていいよって、次々運んできてくれたり、フックがついてる穴あきのパネルボードを用意してくださったり、それはそれは、たいへん助けられたと、展示コーナー準備チームは感謝してました。ありがとうございました!

 

例えば入って左側にはカンガをメインに、カンガの着方や、カンガセイングの意味、アフリカで実際にカンガを使っている様子の写真などを、カンガと一緒に展示しました。

一番手前の水色のカンガはMariのお気に入りのひとつで~す。手描き文字by YUKO。味があってイイよね♡この白いカンガはYUKOちゃんの。

お客さん、みんな、けっこう写真をながめたり説明を読んでくれてたみたいで嬉しいです♪

カンガをテーブル組立途中状態にしてディスプレイしたUMIちゃんのアイデアもナイス!白いイスにキコイ他を説明文と一緒にディスプレイしたりと、風船を使ったりとYUKOちゃんのセンスは素晴らしい♡感服プクプク(^^)風船を使うなんて思いもしなかったけど、この風船も子供達に大人気で、公演後は欲しい子にあげていました。奥のパネルの水色のカンガはタンザニアのカンガ。国鳥がどまんなかに描かれていて珍しかったので、今年4月のアフリカンフェスティバルよこはまで買っちゃった。

右端のアクセサリー、実はYUKOブランドのオリジナル。人気で完売♪

 

小さい子やベビーもOKのコンサートなので、パペットも用意しました。一番人気はライオン、2番が象、3番キリンでした~。(アヒルちゃんが拗ねてしまった)

 

 

 

さて、ホール受付はこれから準備。お昼になると受付コーナーにボランティアスタッフの皆さんが来館して、いっそう賑やかになりました。続きはまた次回~~夕方、フレサよしみのKさんからも写真が届いたので、明日(きょう?)秋田に行く新幹線の中で整理して、順番に紹介するから、見てネ~~。ああ・・・また深夜・・・・・・美貌が、、、

Follow me!