ウィンター、[nysj]10周年公演成功おめでとう!

WinterHawkとカオリさんと主宰している[nysj]=ニューヨークスタイルジャズというニューヨークスタイル・ダンス&ドラミングのクラスの10周年発表会公演、後半の前の休憩時間に何とか間に合い、観ることが出来ました(^^)観られてよかった!デス。ホールの入り口には、愛を感じる看板。♡の風船なんてあるんだね♡

10年前の写真や動画を編集したVTRが流れた時には、今はすらりとした高校生になってる子達が、3等身くらいのおちびで、びっくり。そういえばそうだったっけ?!よちよち踊っていて可愛い!!感無量でした~。何年かは頼まれてナレーションをやらせて貰ったので、思い出深い写真もあったり、知ってる子が多くて・・

Mariはジャズダンスはクラシックバレエの基礎の必要(だと思ってます)で、これは子供の時にちょっとでもやっておくと、将来どんなダンスを踊るにも武器になると思ってる。ここのスクールのダンスは基礎をきちんと教えているので、10年続けてるキッズは、パッと足を前にあげて回しても、ターンしても、ひとつひとつの動きがちゃんと出来ていて素晴らしい。それから、今時のブラック系の曲を歌詞と関係なくサウンドだけで使用してキッズに踊らせているスクールもよく見るけれど、ここは、英語の歌詞の意味も踏まえて選曲しているし,ちゃんと生徒達に教えている。そして、生徒達はみんな、英語の歌詞を覚えて歌いながら歌ってるのが印象的。WinterHawkがゲストシンガーのAJと演奏したライブコーナーも盛り上がった。でも、最後にみんなが号泣しながら舞台の上で抱きしめ合っていたのが、とっても[nysj]らしかった。次の10年の始まりでもある日だよね?cross fingers!

最後の舞台挨拶でカオリさんが、スクールの評語を客席に教えてくれました。Mariが参加している時も、本番前に生徒さんお母さん、スタッフ全員で大きな声で言ってた評語です。”Be positive.””Focus.””Express yourself” 日本語のだいたいの意味を言うと「いつも前向きで」「集中して」「自分自身を表現して」ってカンジかな?もっといろんな意味にもなるけど、素敵な評語。みなさん、おつかれさまでした!ありがとう♪

 

 

 

 

Follow me!