多摩動物園*10月28日にアイルびーバック♡

信号を渡った向こうには、多摩動物園の象の門が・・・パオ~~閉園時間に近い時刻だったせいか、不審者に見えたのか?ゲートのお姉さんが、まだかなり離れた所を歩いて近寄っていうMariの方にやってきた。(ああ~、何か訊かれる前に、先に用事を言っちゃおう)

「えーと、事務所の方と4時にアポがあって、こちらでその旨を言うようにと、教わってきたんですけど」「は?事務所ですか?」「今度のイベントの打ち合わせです。」「あ、わかりました。こちらからどうぞ。」

 

 

 

(ああ、よかった。やれやれ)ゲートに入ると、緑緑緑。動物の声は全然しない。それもそのはず、後で事務所で航空写真をみたら、とてつもなく広いんだもん。事務所は入ってすぐそこ。ちょっとゲートを振り返ると、これまた動物デザイン発見!象さんのゲートでしたー(^^)

 

 

右の方を見るとかわゆい車が・・・スタッフの車だそうです。他にもゼブラ柄とかいろいろありそうだね(♡v♡)その先にも、売店かトイレかわからないけれど小屋があり、屋根の所に大木が横たわっていたり、ファンタジーなテーマパークぶりに驚きました。

 

 

事務所がある建物の入り口には、ライオンの親子象、じゃない、親子像。

 

夕方の光が当たっているので、角度を変えて写メを撮ってみました。角度によって、表情も違ってみえるでしょ?これも、あとでスタッフのKさんにきいたんだけど、多摩動物園のキャラクターアニマルはライオンだそうです。キャッチコピーは「アリからゾウまで」。アフリカ園、オーストラリア園、アジア園、そしてなんと昆虫園にもあるんだって!虫生態園の中では、一年を通して色とりどりのチョウが舞っていて、その中をお散歩できるってサイトに書いてあります。ちょっと、このBlogの1行目の多摩動物園をクリックして見てみてね?楽しくなると思いまするん♪

 

写真のカブトムシは昆虫園じゃなくて、打ち合わせに来た建物の入り口の一番目立つ所にいました。

カットしたりんごが大きな枝?にたくさん差してあり、甘いようなへんてこりんな香りが・・そして子供達に大人気でした。パンダのはく製に、ちょっとおののき。。。昔、劇団四季時代に大先輩役者の浜畑健吉さんが上野動物園に連れて行って下さり、パンダ舎の裏でパンダに直接餌をあげる体験や、象にりんごをあげる体験をさせてくれたことがあって、宝物の思い出の1つだけど、あの時のパンダが何ちゃんだったんだっけ??

受付にも動物のぬいぐるみ、壁にも動物たち、そして

 

 

床にはタイルのアニマルワールドマップ。これ、全部欲しい!!!スタッフの方に実際に紙で出来た地図はないのか、あったら売って欲しいとお願いしたんだけど、残念ながらないそうです。(>。<)ぜひ!商品化してください!と大きな声でお願いしてしまった。。。

「ああ、あれ、たしかに可愛いですよね。紙になったら自分も欲しいな」とつぶやいていたので、もしかしたら・・・商品化されるかも???ペンギンの親子は募金を募ってました♪

 

Follow me!