ハプニング続き、気を付けて~

昨日の続き***「まるせっぷ」から次の公演をする小泉中学校へは、また車で1時間強の移動!みんなでせっせと音響機材や楽器を積み込んで、出発~~。運転は制作会社のMr.DD。助手席のLoloちゃんが、DDが眠くならないように一生懸命話しかけている。Loloちゃんだから、絶対そう考えて話しかけ続けてるはず。一緒に頑張ろうと思って最初はちゃちゃを挟んでいたんだけど、ときどき、意識不明に・・・カーナビが「この先300M、右方向に曲がります」等と言う度にLoloちゃんがDDに「アナタココ右ヨ!あー!ココ右ダヨ!」と心配そうに騒ぐ。「hey,Mari! Hey! Tell him he should turn to the right here!!」(ムニャムニャ・・・なんだろうLoloちゃん、いちいち?300M先って言ってるんだから、まだ曲がらなくていいのに??)

そして、何回も同じようなことを繰り返しているうちに、ふと、気付いてしまったのだ。「Loloちゃん、もしかして、”右方向”って言ってるのが、”右ココ”って聞えてない?ミギ・ココ」「Yes! Why he doesn’t turn to the right soon? He is turning at the wrong place yo」ああーーーー、そうだったんだね?「ミギ・ココじゃないくて、右ホウコウって言ってるの。右Direction!ホウコウはDirectionって意味で、ココじゃないから、心配しなくてOkだよ?」きょとんとするLoloちゃん。ようやく意味がわかったみたい。「だからー、Now I understand yo, Lawrence Baka baka yo」その時、またカーナビが「500m先、右方向に曲がります」と言った。「そっか、たしかにココって聞こえるね。」

それで、DDが寝不足で道を間違えるんじゃないかと心配していたんだ。実は、最初の学校で、Loloちゃんのマイクがすっ飛んだり、Winterhawkのジャンベを背負う紐を通した輪が解けて演奏中にガンっと楽器が落ちたり、珍しいハプニングが続出していたので、また何か起きないよう、気にしていたんだって。「Next is your turn, Mari~~be careful~~」「Mariは大丈夫だも~ん。」なんて話した後の記憶がなく、ハッと気づいたら、もう午後公演の中学校に到着してた。WinterとMari,見事に爆睡してました・・・(^。^)クリームイエローと白の体育館はこじんまり。女性のOS先生が冷たい麦茶を用意して待っていて下さって、とっても美味しくぐびぐび。おもてなし、ありがたし。m(_ _)m

体育館の両サイドにズラリと備え付けられているこれは何だろうと思ったら、なんと、暖房でした。そういえば、来る途中にスキー場の看板とか、あったっけ。Winterhawkが、午前の学校で解けた楽器の紐の輪を締め直し始めた。「この部分が解けるなんて初めてだ。危なかった」きょうはまた何か起きるかもしれない。3人で何となくそんな会話になり「Next is your turn, Mari~~be careful~~」と注意される。「Mariは大丈夫だも~ん。」笑いながら、スーツケースを持ちあげた瞬間、バチン!!とすごい音がして、取っ手の接続部分が割れて、とれちゃった!

ショック~~お気に入りの相棒なのに・・・こんな壊れ方初めて(>。<)幸い、上部だけでなく、サイドにも取っ手がついているタイプだったので、何とか東京のおうちまで帰りつけるけれど、ピンクのヒョウ柄のスーツケースなんて、なかなか見つからないからカナシー。まあ、でも、誰もケガしなかったから、いいか・・・トホホ。みんなで気を引き締めて、2回目の公演。今度は中学生だけで350人くらいいたので、トークもプログラムもちょっと変えて公演。最初はちょっとシャイだったけれど、途中から、掛け声も手拍子もダンスも、コツをつかんだみたいで、一気に盛り上がって、楽しいコンサートになりました♡

 

みんな、お疲れ様~♪いい公演になったので、ナチュラルハイのWinterhawkが急に階段の手すりで腕立て伏せ開始。Loloちゃんもつられてイスに座ったまま腹筋トレーニング開始。じゃあ、写真撮るからこっち向いて~~

 

 

 

「はいは~~い!」パチリ☆あれ?WinterHawk,ヒョウ柄のベスト、おニューだ!

 

Follow me!