懐かしの、風流なりし目黒のさくら

東京は暖かくなったり、花冷えになったり、日中と夜の気温差が激しかったりして、洋服選びが難しい日々だけど、みんなのところはどんな感じですかにゃ?この前、桜の花が咲いている木を見つけたので、写真を撮ってきたよん。風が吹きまくっていたので、枝がぶんぶん揺れまくってて、ピンボケになっちゃった(^~^)てへへ

でも、まだ咲いていない木のほうが多かったです。いつも色々みているけれど、桜って、たしかに様々な種類がありそう・・・でも圧倒的にソメイヨシノがずらりと並んでいる所が多い。

昔は、目黒川沿いを下流から上流までずうっとずうっと歩きながら桜三昧するのが大大大好きでした。「風流」ってこんな感じ?って感じだったの。

でも、いつの頃からか物凄い人出になり、木の根元にはどんちゃんどんちゃんと宴会やカラオケや重低音ラジカセのグループがいっぱいで歩けないくらいになってしまった。中目黒から渋谷方面にもっと歩いていくと、川幅がうんと狭くなって、最後の方は川もコンクリートの川底に10cmくらいの水深の透き通った水が揺らめきながら流れているだけ。そこに両岸から川面に届くようにたっぷりとしなだれおちている満開の枝、枝、枝。

夜の暖かい色の柔らかいライティングが幻想的で、風で花びらが一気に舞うと、それはそれはもう、別世界でした。いつか、許可をとって、あの浅瀬に裸足で入り、羽衣の衣装でプロモーションビデオを撮りたい!!!・・・・・そう思ってた。おっとっと、いつの間にか過去形で話すようになっちゃったけど諦めちゃいけないね。うん!そうだ!

 

春の日差しに誘われて、うんと薄着して出かけて、夜の花冷えで風邪をひかないようにね?(’v’)

Follow me!