鹿しか鹿シカ鹿しかいないし・・・か?(’~’)

ホテルで出迎えてくれたのは、鹿・・・・・のぬいぐるみ2頭。う、、、、かわいい♡

Mariは激写モードに突入ようっ!ほらっこの角度の顔、いいでしょ?角の付け根がリアル~鼻づらも、むぎゅってしたくなる~。もっといい角度を発見しちゃった。

 

 

 

このうしろ姿、いかが?奈良はやっぱり、鹿がシンボルなんだなぁ~~って、今回、しみじみ思いましたなり。どこに行っても鹿がいるの。

 

 

 

 

でも、生きてる鹿には会えなかったけどね(>v<)あ、でも明日、何が起きるかわからないから、希望は持っていようっと。ホテルに着いたら、結局、仕事の連絡を優先しなくちゃいけなくなって、やっと終わって夕方大急ぎででかけたら、空はもう薄暗くなりはじめていました。貰った地図をにらんで、せめて、シルエットの興福寺だけでも見たいと、早歩き!

 

JR奈良駅の上の雲を見てくだされ!奈良っぽくない?昔の人は、こういう雲を見て、怨霊に感じたり、龍に感じたり、何かのメッセージに感じたりしたのでせうか、、、、生きてるみたいに唐突のそこだけにある不思議な雲。

駅前から東の方にまっすぐにのびるメインの商店街を取りあえず歩いていくと、風流なおみやげやさんと、どこにでもある居酒屋さんやドラッグストア、コンビニ、洋服やさんが混在していて、面白い。そんなふうに立ち並ぶ店のところどころに、いるいる、鹿、鹿、鹿。これは木彫りの鹿の家族?この子は、、はく製!

はく製の鹿君は、通り過ぎる人の足を、シッカリとめていましたなりん。立派な角だ!

 

 

 

 

 

観光客が行き交う国際色豊かなメイン通りのドラッグストアでは、中国語が飛び交っていました。店員さんも中国語担当の中国の人が多いの。このメイン通りをまっすぐ歩くうちに、突き当りに見えていたこんもりした山は暗くて見えなくなり、そのうち左手に見えてくるはずの興福寺のシルエットも、結局見えなくて、別の目的地へと道を曲がったら、どこからか90度くらい方向がずれていたらしく、どんどんどんどん、あらぬ方へ進んでいることに気づきました。

迷いながら、やっと方向を把握して、すたすたホテル目指しダッシュ。雨がぽつぽつしてきたから。ホテルに着いたら、遅出組のダウディから「チェックインしたから、大丈夫ヨ」と連絡。BBは京都で友達に合っているので、ジャンベを代わりに運んできてあげたみたい。優しいね(^^)またPC立ち上げて、仕事メールしていたら、8時過ぎにBBとDaudiから電話。2人でチョォ~~~~美味しい地鶏のお店を見つけて食べているそう。あした天気になぁ~れ♪水を買いに行って、足元を見たら、また、鹿♡むむむ、明日も鹿に出会いたいな♡

 

Follow me!