AAS”元気降臨こうりんでShow♪”

ショック(☆へ☆)書上げて投稿しようとポチっとやったとたん、原稿が消えてしまった・・・昨夜も同じことが・・・どこを押し間違えるとこうなるんでしょう・・・トホホ・・・気を取り直して、三度目の正直!書き直しま~す V(^~^)イエイッ♡

 

え~と、AASアフリカンオールスターズの奈良茨木ツアー最終日の「AAS,元気降臨こおり小」レポートで、チャーリーとミリィが作ったライオンキングの杖を紹介したんだよね?今回はコンサートのオープニングのレポートから始まり始まり~

AASのコンサートの始まりはBBのジャンベの演奏です。

ただ、どこから登場するかはヒミツなの。学校の体育館が会場の時は体育館の作りや、お天気などによって演出が変りまっする。なぜなら、ジャンベは本皮太鼓なので雨に濡れたらOUTだから。それから、冬の寒い日は、腕丸出しのこの衣装だと凍えてしまうので外で15分も待機できないの。それでも、みんなをドキドキワクワクさせたりビックリさせるのは大好きなBBは、かなりの寒さでも「ガンバッて外で待つよ」と言ってくれるんだけどネ。

ただ、凍えた手で太鼓を演奏すると指がパックリ割れしてしまい、長く演奏に支障をきたすことを、Mariは自分も奏者でもあるのでよ~く知ってるから、そういう時は断固反対するの。知らない人は「寒さを我慢してくれるの?ありがとう!何ていい人なんだろう」で終わっちゃうけど、ココはMariがメンバーを守らなくちゃいけない所だと思ってるから、ちゃんと説明してわかって貰うようにしてまっする。でもね、

BBの太鼓の音がどこか遠くで鳴り響きだした時のキッズ達が「え・え?何?何の音?どこから聞えてるの?」とキョロキョロするシーンや、BBが登場した時にお目めまん丸、お口あんぐりになるシーン、すぐの好奇心いっぱいBBとジャンベを食い入るように見ながら、話しかけたり触らせて貰ったり、キラキラしているシーンを見ると、BBが(4人編成以上の時はWinterhawk=ウィンターホークも)が、ちょっとムリしてでも”寒い中待つよ”って言ってくれる気持ちは、わかるんだ♡

このシーン、何百回見ても飽きない、幸せになるシーンだもん。写真は全て生徒さん達の顔はわからないサイズにしてあるけれど、雰囲気は伝わるかな~~と思って、今回は数枚、紹介しました(^^)もお、ほんっとに胸はキュゥゥゥゥ♡♡♡ってなっちゃうんです。コンサート中にはそういう胸キュンシーンが沢山あるんだけど、まずは、オープニングでキュ~~~ン(♡v♡)おっと、この辺で一回原稿に保存をかけとこっと・・

よしっ今度こそ、消えないように気をつけなくちゃ(笑)コンサート中の写真は残念ながらないけれど、こおりshowのトピックスとしては、アンコールの盛り上がりかな?ソーラン節で、沢山の生徒さんが振付を知っていて、かっこよく踊ってくれました。ポップコーンのように弾けまわってるみんな、超元気でかわいいし(^^)左京showでも踊れる生徒さんはいっぱいいて大盛り上がりだったけど、学校によって教わってるのか知らん?全国あちこち東京でも踊れる小学校もあれば知らない小学校もあり、まちまち。

さて、コンサートでエネルギーを使い切ったBBは、車に乗り込んだとたんに寝落ち~~(>v<)お疲れ様でした!Daudiデビちゃんは校門を開け閉めするために門のところで待ってます。どこにいるかわかるかな?門の右側なんだけど・・ちっちゃいね!

Mariは、ライオンキングの杖の材料となる枝を探してウロウロ。でもこれしかなかっただす・・・(>v<)kの切り株の枝の方がいずこなりや~~

 

 

 

茨木の駅でチャーリーとミリィーとお別れ。チャーリーさんは役者活動のかたはら、クラーク学院で演技指導のクラスも教えているんですよ~~見た目通りの熱血ハートフルな先生です。

 

 

 

ミリィーさんについては、次回のBlogで紹介するから、お楽しみに♡ね?メンバー三人はここから京都駅に出て、東京さ帰りま~す。ありがとうございました~~♡

 

 

Follow me!