♪くるくると まわりつづける タンヌーラ♪

長身のエキゾチックなイケメンさんが、背筋を伸ばして美しい姿勢で、さっそうと客席からステージの方に歩いてきました。その名も、エジプトのハイクラスのタンヌーラダンサー、モハメッド・ガリーブさん。タンヌーラダンスは、前にも紹介したことがあるダンス。くるくると旋回し続ける。ただただ旋回し続ける。旋回しながら、目を瞠るような技を次々に繰り出してくるのだ(*c*)「皆さん、もし、眩暈がしたら、テーブルにしがみついてでも、目だけはあけて最後までダンスを見続けてくださいね!?滅多に見られないダンスですから!」お客さんに呼びかけて、音楽スタート!そして、ガリーブさんの想像を超えた技に、客席か感嘆の声があがる。。。。。盛り上がりました!

 

写真を追ってみていくと、その様子がわかるとおもいます♪。常にクルクル旋回してます。しかも、美しい隙のないポーズや動きで!この蛍光から―のスカート、めちゃ好み(♡v♡)欲しいっ!***さて、トルコに「スーフィーダンス」というイスラーム神秘主義(スーフィズム)メヴレヴィー教団の旋回舞踊セマーというのがありまして、それを元に、エジプトでその旋回舞踊がどんどんエンターテイメント化されて「タンヌーラダンス」と呼ばれています。

 

元のスーフィーダンスは、伝統的な旋回舞踊。民族楽器による演奏と民謡歌手の宗教的な詩、そして預言者ムハンマドを賛えるの歌を朗誦する中で、くるくると旋回する儀式的な旋回舞踊。それがエジプトで、エジプト的に変化していったのがタンヌーラダンス。驚くような大技や演出やネタが盛り込まれてドラマチックになり、スカートもカラフルに・・・音楽もゆっくりしたモノだけでなく、現代のアップテンポな音楽やシャービー(庶民的な)音楽などに合わせて踊るをこともあり、また最近では電飾付きの衣装を身にまとった電飾タンヌーラなども登場するようになったそうですゆ。今回は、蛍光カラーのスカートが見られただけでも、ハイテンションなMari。よ~~くみると、スカートには電飾が仕込まれているではあーーりませんか!!明るいから効果ないけど、暗くなるなら暗くして見たい~~~お======っと!赤と黒のスカーフが登場した次には、スカートが上下2枚に分かれたぞう!

初めて見た人は、んもォービックリポン!この日はやらなかったけど、以前に観たサイードさんのショーでは、頭を隠してきのこみたいな形になってまわったりもしていました。こういうのは全て現代風らしいです。タンヌーラはエンタメ性が高いので、結婚式、パーティ、観光地などでは大人気なんだって。「タンヌーラダンス画像」

「エジプト伝統タンヌーラダンサー=サイード・アブデルハディ公式HP」

「幻想的なスーフィーダンス」

いろんなコアな人達とやたらご縁があった30代に、実は一度、スーフィーダンスのワークショップに参加したことがあるの。一種の瞑想状態になると講師に説明を受け、いよいよ旋回開始!まだ腰を痛める前だったのでバレエもジャズもサルサもHipHopも何でもやっていたので、軸は割としっかりしていたお年頃。まっすぐに立ち、両手を横に伸ばして、手のひらを外に向け、右手の中指だけを見つめるようにと指導されました。了解!準備・オッケイ!「人によっては割とすぐに一種の瞑想状態になれる」「私がもうやめ!っと言ったら、必ずスピードを段々ゆっくりして、とまるように。」と講師に説明を受け、いよいよ旋回開始!

これがああた、とんでもない想像超えの体験で、ぶったまげました。周り始めたら、ブワンっと周りの景色が灰色に溶けてなくなり、見えるのは自分の右手の指だけ。世界から音が消えて静寂の中に、ぽぉ~~んと放り込まれた感覚で、すごく醒めた感じになっていき、自分の身体から自分の魂が分離している気持ちに・・・・・・こ、こ、これは、、、、すごい、、、(◎。◎)考えるのもとまって、空っぽの意識のなかで別の意識がコォーンっと存在している感じというか。。。驚きも消えて、永遠に旋回していきそうな・・・その時、講師の人の声が突然聞えてきて「はいっ、だんだんゆっくり~~。ゆっくりゆっくり~~~とまりますよ~!」いきなり現実に引き戻されました。ワークショップの終わりに、講師が何回も念を押して受講者に注意したのは「絶対に1人でやらないように。しかべき指導者と一緒の時にしか、やってはいけません!」納得(@へ@)これは、戻ってこれなくなるかもしれない・・・人間っていろんなこと編み出すんだなぁ、、、、

さて、ガリーブさんのショーが大盛況で終わったので、タンヌーラについて、ガリーブさんの活動についてなど、お客さんに紹介し、Mariはお仕事終了!今回のお楽しみ、大使館ブースやショップやフードを楽しみに、YU子さんとチエさんと、繰り出すぞ~~(^わ^)わーい

Follow me!