アフリカン・ランチで元気 さあ次は?

タンヌーラダンスのショーが終わった後は、バラフォラ(バラフォン奏者をこう呼ぶみたい)のチエさんも、今日は撮影担当のアクセサリーデザイナーもYU子さんも、そしてもちりんMariも、休憩タイム!女子3人で、ショップや大使館ブースが沢山、メインステージもある「象の鼻パーク」のエリアへいざ、出陣!何食べる~?え~~と~~~、、、チエさんは前日も出演しているので、かなり情報通♪彼女のおススメのアフリカンランチの屋台でそれぞれ、ごはんにソース(シチューみたいな感じで具だくさんのソースがかかっている)をオーダー。2人はアフリカっぽいジュースも購入!「どこで食べようか?」日差しが厳しいので日陰希望のMariだったけど、座る所なし。

結局、照り返しで世界が真っ白にみえるくらい明るい、メインステージを見ながら休めるながテーブルの前の方の列に並んで座りました。ホウレンソウがたっぷり煮込んであるシチューはとてもヘルシーで美味しかったです。多分、アフリカではコントンブレというお野菜を使う料理じゃないかな?先月天国に旅だってしまったガーナのシンガー、ロビー・チボアがよく、ガーナ料理の作り方を教えてくれたので、何となく覚えてる。小松菜でも美味しいヨと言ってたっけ・・・公式カメラマンがさっそく、ファッショナブルな2人を見つけて、写真をパチリパチリ。Mariはもう普段着に着替えていたけれど、一緒に写りましたなり。(^^)でも、全てのテーブルにアフリカンマテリアルが敷いてあって、なかなかステキだったよん♪

この2人、一緒に歩いていると、アフリカンの男性女性にモテるモテる。笑っちゃうくらいモテるので、アフリカンにはあまりモテないMariは見学しながら笑ってました。あはははは~~♡♡♡自然にお友達になっちゃうの。ここまでくると、もう特技と呼びたいMariである!うむ!ステージ上やステージのそばには、知ってるアふり間ミュージシャンが誰や彼やがいて、なんだか、楽しい。客席から手を振ったら、Mariがいることに、ビックリしてるJPとか(向かって右端の赤い衣装のベース)、フレッシとか、、、皆、出演してるんだね。

さあ~~お腹が落ち着いたら、今度はブース&ショップ見学ひやかしツアーじゃ~~~。「アフリカンフェスティバルよこはま」でも、お馴染みの、ポレポレカンガ・ショップの織本さんを発見!ほとんど売り切れ状態だったけれど、変った柄のカンガと、あと、新しいアフリカのお話と音楽のステージで使えそうな柄のものもあったので、ついつい購入してしまった、、、(>v<)朝、出かける時に、(お金を使わない)って決めて、おさいふに少な目に入れたけど、出かける瞬間に(んんん~やっぱりいざという時用にもう少し持っていこ)と、お財布のい足したお金がぱたぱたと羽ばたいていきましたなり~~これらのカンガは、明日写真を撮って紹介するね?手に持っているのはデザイナーYU子さんが惚れて購入したシックでオシャレ系のカンガ。Mariは奇天烈な柄のピンク&イエロー柄だから。よく「カンガとは出会いですから」と言われる。日本にいて同じ柄がそんなにないカンガは特に出会った時に買わないと、、、、という意味もあるんだと思う。ジュエリーの店員さんも同じこと言う。さて、出会ったカンガ、どのステージで着ようかな?わくわく♡

 

Follow me!