フィナーレは 心も音も 皆ひとつ♡

泉区太鼓お囃子フェスティバル、最後の台セッション大会=フィナーレです♪Mariも気合い入りのMCでお客さんに「会場全体で、一緒にフィナ―レでひとつになりましょう!皆さんもメンバーの1人です!立ってくださ~い!」と、気合いだっ気合いだっ気合いだっ的呼びかけをしたところ、

客席の皆さんも総立ちで手拍子で一緒にセッションしてくださいました!最高!ゆるキャラ君も登場~♪それにしても、これだけの太鼓が揃って音を出すと、ほんとうに腹に響いて心地いい(’♡’)うっとりん

昨年の泉区アフリカンフェスティバルの時にセッションをした、岡津太鼓さんのリーダー各の男性が、色々な和太鼓グループの代表メンバーの集まりを、引っ張っていく感じが凛々しいっ!センターの〆太鼓の2人の向かって右、上手側の眼鏡をかけた男性ね。

バイファル・レボリューションのメンバーは、太鼓を持って動き回り、あちらのメンバー、こちらのメンバーにセッションをしかけて煽っていまっする。少年もいれば、お母さん世代もいるし、

おじいちゃんおばあちゃん世代もガンガン、力強く演奏している♪若手の女学生世代は、華やか☆小さいコたちは、お囃子隊で、ひょっとこのお面や獅子舞の衣装。

きれいどころの妙齢の女性陣もいれば、青年もいる。舞台に入りきれない太鼓メンバーは、舞台のそでで、バチでリズムを出したり、大きな掛け声をかけたり、ジャンプして全身でグルーヴしている。

なんて気持ちいいんだー!めちゃくちゃ楽しい!一番後ろのセンターにある大きな六尺太鼓???巴紋様の太鼓の奏者も汗びっしょり!リーダーの隣の方は大ベテランみたい。

世代を超えて一緒に全体を引っ張っていってます。いよいよクライマックスに入り、エンディングが近づいてくると、アブドゥがセンターのリーダー2人の前で、ぐっと腰を落として、2人の姿がちゃんと見えるように気遣いながら、掛け合いを仕掛けはじめました。2人もMAXパワーを振り絞って叩く叩く(>v<)あーーーーMariも叩きたい~~~~!!!

 

ラストは全員ロールのフォルテッシモ!そして限界近くなってきたら飛び上がって、全員で決め!ダーン!♪

いやぁ~~~、これぞ、太鼓アンサンブルの醍醐味、快感、一体感。ステージ上ではみんながハイタッチしあっているし、客席も拍手喝采。泉区全体が、伝承文化を大切にしているのが形になって現れている、そんなステキなフェスティバルでした。

帰りに、駅の改札で会った年配のご夫婦から、「きょう、出てたお姉さんだよね、今日はほんとに楽しかったよ!また来て、ああいうふうにやって欲しい。電車に乗って、見に来てよかったよ。踊ったりいろいろ、楽しかった~」と、声をかけて頂きました。すごく嬉しくて、幸せな気持ちで電車に揺られながら、帰りました。アブドゥ達は車だったので、この感想、あとでメールしました♡泉区太鼓お囃子フェスティバル関係者のみなさん、ほんとうにありがとうございました!来年もよろしくお願いします♡♡♡(^~^)

Follow me!