ジャバイ家の 若手ンボイ君も 出るからネ♪

アフリカからコンサートで来日して、すっかり日本が気に入って移住してくれちゃった優秀なミュージシャン達の第一?世代とでもいう人達の中でも、長身でステージに立つとオーラが凄くて、男も惚れちゃうサバール奏者がいます。その名も、アッサン・ジャバイ。セネガルのサバールのグリオの家系の長男で、Mariもすっかり惚れ込んでしまって、アッサンとすぐ下の弟のサンバ君を交えたサバールチームをお願いして、TAMTAMのライブやレコーディングに参加して貰っていましたです♪いろんな人に紹介したくて、聴いて欲しくて見て欲しくて、CMの音楽の仕事もずい分お願いしたし、サザンのメンバーのプロデュースしたイベントにもゲスト出演して、周りを虜にしてましたにゃ~(^^)(このイベントはたまに、WOWWOWでオンエアしてるみたいです)。

高校の芸術鑑賞会でも、彼らが登場するだけで、キャーキャー♡と黄色い声が飛び交い、マニアックなセネガルの伝統音楽の演奏に、生徒さん達が興奮して踊ったり歌ったり、最後まで飽きずに一緒に盛りあがるので、ちょっぴり驚くことも多々ありました~国境を越えた音楽による国際交流そのものでした(^~^)懐かしい~。その頃から活躍しているミュージシャンで、みんなが知ってそうな人は・・・ラティールかな?関西弁ぺらぺらの声が低~い背の高~いセネガルのアーティスト。ラティは、縁があって映画に色々出演しているので、きっと見たことあると思う。他にも凄いミュージシャンが何人もいたけど、今は渡米して活躍してたり、ヨーロッパで活動してたり、日本を離れた人も多いでっする。そんな中、アッサン・ジャバイエやサンバ・ジャバイエに続いて、また年下の弟のシェハ君が来日。兄妹でもそれぞれ全然違う個性の持ち主(当たり前だけど)。そして、Mariがあまりお付き合いがない時期に、アッサンのうんと下の弟のンボイ君が来日して、今、ひっぱりだこみたいです。

初めて会った時は、サンバ君かと思った!サンバ君は北海道で活動してるので、北海道の人は知ってると思います。オシャレでPOPSに融合した演奏も得意で、ステージが華やかなプレイヤー。ンボイ君は、サンバにちょっと似た奏法で、とにかく派手派手で音が目からも感じられるような、気持ちいいカッコイイ演奏をするし、鋭いフレーズやパワフルなサウンドで、バンドを盛り上げる存在。そして、「ンボイ君」と君で呼ばれるだけあって、まだ青春アオハルまっただ中。イケイケ感に溢れてます。(笑)だから、プレイは必見で~す。

Follow me!