DaudiとAbdouとMariでリハッ♪ウハッ♪オホッ♪

DaudiとAbdouとMariでリハッ♪ウハッ♪オホッ♪っと、リハ―サルしてきたよーっほっほ~♪たった3人の小編成の新しいプログラムのコンサートのためのリハ―サル。最近3人編成のオファーも増えているので、気心の知れたツワモノのメンバー達で、様々な新プログラムを展開していまっする。(^^)もちろん、4人、5人~10人と、大勢で公演出来たらそれはそれで嬉しいけれど、小編成でも楽しくて魅力的なコンサートやワークショップは出来るのでっする(^^)「ワタシたちが証明デス!」笑

 

まだホームページにはまだ載せていないので、今現在は、お問い合わせや相談を頂いた依頼者の方に紹介している形です。この日のリハスタジオは、Daudi=デビちゃんのおススメの市川市のスタジオ。初めて行ったけれど、小ぎれいで、ちょっと外国っぽい感じがキュートでした!リゾートに来たみたい。

駅すぐそばだけど、駅で方向がわからなくて、ウロウロしていたらAbdouとDaudiがすぐそこで待っててくれて、助かった~(>v<)ありがと~♪スタジオの中もミーティングスペースが広くて、やっぱり全体が小ぎれいで居心地がとってもいいスタジオでしたなり。

土曜日のコンサート(超参加型ワークショップ入り)は、この3人だけで色々新しいことを仕掛けてやるのです(^^)めっちゃ楽しみ♡東アフリカのDaudi と 西アフリカのAbdouの 両方のアフリカの魅力満載のプログラムにしてあるのです。付き合いはとっても長い仲のいい2人。でも、新しい楽曲に取り組むと新し発見があったりして、面白いの。写真はDaudiがAbdouからセネガル系のキメを教わってピャーピャーしてるところ♪

この写真は、充実したリハの帰りに見つけたおでんみたいなシルエット。主催の文教委員会の皆さんもとても熱心で、一緒に楽しいイベントを作ることを目標に数か月間やりとりしてきたけれど、明後日がいよいよ本番♡ギリギリまで試行錯誤して出来る事は全部やりたいので、Mariはまだ音源を作ったり、ディスプレイするアフリカ文化紹介のパネルを作ったり、やることてんこ盛りでっする♡もっとも、毎度ながら音源はTAMTAMのTAKA君やUmi-chanに手伝って貰いまくってま~す。

今日も、TAKA君にトラックを作ってもらう曲のテンポを訊かれ、以前に彼から貰ったメトロノームを引っ張り出してスイッチを入れても入れても入らず、パニックになるMari.ひとしきりパニックしながらアレコレしていたら、結局電池を反対に入れていたことが判明して、自分にすんごく疲れましたび~~。パネルも、苦手な「直線」作業だから、自信ないなぁ・・・がんばろっと。ところで、リハの日は、なぜかどの駅もエレベーターやエスカレーターが工事中だったり点検中だらけで、スーツケース運びが重かったデス。オリンピックに向けて、バリアフリー整備が進んでいるんだなって実感。普段、バリアフリーに頼って移動しているので、たまにない駅だと、力こぶマッスルまりになりまっする。それにしても、整備のお兄さん、前触れなしに見た時はビックリした・・・こういう整備も大事なんだね。ありがたいことです。

Follow me!