TAMTAM MV「日はまた昇る」nakedバージョン♡

TAMTAMYou Tubeチャンネル<Baby Angel>に今月新しくUPしたMusic Video「日はまた昇る」のもう一つのバージョン➔nakedバージョンはこんなカンジ♡で~す。

エレキのカッティング・・・今回のMVのために作ったグランジロックのnakedバージョンのサウンドに合わせた映像全体のトーンは、もうひとつのMS originalバージョンとはちょっと違いまっせ(>v<)まだ観てなかったら、ぜひ、観てくだちゃい(♡。♡)

タイムズスクエアのデジタルサムネージに写るMariは、MS originalバージョンの赤と黒の衣装からガラリと変って、Vividなイエローやショッキングピンクです♪

それでは、Taka君が駆け出しの頃、仕事で某売れっ子アーティストのレコーディングで滞在した、初めてのNYCの思い出を3つほど、書いて送って貰ったので紹介していくね?♪その1♪「湾岸戦争真っ只中のNY街を歩いていたら、国連本部に来たブッシュ大統領の車列に出くわしました。物凄い台数のパトカー、バイクに黒塗りリムジン数台の車列。それを取り巻くメディアの車。物々しい雰囲気に改めて戦争中なのだと実感しました。」

♪その2♪「ニューヨークでは摂氏ではなく華氏で気温を表示するので、一体何度あるのか分からなかったけど、ダコタハウス前に行くまではブルブル震えるほどの寒さでした。しかし、ダコタハウス前に着くとここでジョンレノンは射殺されたんだと思うと立ち尽くしてしまいました。ふと気がつくと1時間くらいたっていました。

近所のDELIで温かいコーヒーを買って、ダコタハウス前からセントラルパークの中へ入っていきました。そこにはストロベリーフィールズの記念碑が埋め込んでありました。ジョンが願った平和は成し遂げられたのか?悲しくもその時は湾岸戦争開戦中。どこかで目にした句が思い浮かびました。”分け入っても 分け入っても 青い山”山頭火」

♪その3♪「タイムズスクエアにはマドンナや倉木麻衣のプロデュースで有名なDJマークカミンズ(故人)のスタジオがあって当時、入り浸ってました。

 

トライデントの卓がおいてあって、チャンネルに色々な音源を立ち上げてチャンネルON, OFFでライブでダンスミュージックを作っていく手法に目を丸くしました。

もう一つスタジオには編集室があって、今のようにコンピュータ全盛でもなかった為、(まだその頃のPCでは、音声データはほぼ扱えませんでした)

 

6mmのオープンリールテープ(アナログハーフ)を切って繋いで、リミックスを作っていましたので、作業終了近くなると切り刻んだテープの山にうずもれているマークに大笑いした記憶があります。」

話をよく聞いてみると、Taka君も駆け出しの時代に、売れてるアーティストさんやトップミュージシャンの贅沢なレコーディング現場に連れて行って貰い、NYCの売れっ子アレンジャーのスタジオで時間を過ごせたなんて、めちゃラッキーだよね・・・(@v@)

そういうワケで、TAMTAMにとって、NYCはそれぞれに思い出の場所なのでするん(^^)このシーンは渋谷ね?渋谷も激変しているから、もう、この風景もなくなっちゃったね・・・

Follow me!