ジャワの高級バティック、初めて見ちゃった♡

BLOGがあっちとんだり、こっちとんだり、で、ごめんね!Gospel~HipHop公演で旭に向かう電車の中で書いてます♪朝早かったので、書けなかったの。。。なんとかかろうじてほぼ毎日みんなに会えるように、がんばってるので、これからもよろしくおねがいしまするる~~♡んで、一関ガムラン公演に戻ります。写真はランバンサリメンバーが舞台用にバティックをパネルに飾り付けているところ。「バティック」。きいたことあると思う。

インドネシアの伝統的な布、バティックと言えば、誰でもきいたことがあるくらい有名。Mariも昔々バリ島に行った時に、何枚か買ってかえり、楽器カバーにしたり、腰に巻いてスカートにして着ていたけれど、当時はバティックそのものについて調べたこともなくて、お土産屋さんをいくつか見て、気に入ったのを買っただけでした。

 

今回も、会場の飾りつけに使えればとあれこれ掘り出して洗ったけれど、ほとんどが色褪せしちゃったり、経年劣化で破れたりして、この緑色の鹿の柄だけが活躍してくれたの。かわいくてお気に入りです。インドネシアは地方によって、かなり個性があり、バリとジャワは音楽も布も衣装もずいぶん違います、ジャワのなかでも西とか中央とかによって違うし。衣装はまら今度、アユさんが展示してくれたものの写真を紹介するね?全然違うのがよくわかるよん♪

ところで!今回、ランバンサリやジャワ出身のダンサー、アユ・イスカンダルさんが持ってきたバティックを見て、いや、拝見して、「うっわぁ~~~~!!!」とぶっ飛びました。どこの民族、どこの土地も、伝統のものって、ほんとうに素晴らしい!こ、、、こ、、これは、、、最初の写真でランバンサリが飾り付けていた2枚のバティックの写真です~。よ~く見てください。ここからは、画像解像度をあげて載せるから、バティックの世界を楽しんでね♡

じゃ、向かって左のバティックに寄っていきま~す。どお?全て手描きで染めているんだって!アメイジング!クリックするとわかるけど、線も点描だったりするのだ。

 

 

じゃあ、次は向かって右のバティック♡クリックしてね?してね?すごいから!点描の輪郭に囲まれたひとつひとつの形の中には、やはり手描きで描かれた細密な柄が、、、ためいき、、、、

 

どこか懐かしいこの感じ、、、着物の柄にもちょっと似ているような、、、きっと調べていくと、柄のひとつひとつにも様々な意味があったり、奥深くて楽しい世界が広がっているんだろうなぁ、、、、今はもう、こうした全て手描きの細密な染めはほとんどないそうです。眼福ぷくぷくのおすそ分けでした~~

よっしゃ!気分をインドネシアからGospel~HipHopに切り替えじゃ♪旭、とおいいな(^^)ちょっとしたプチ旅行気分で~す♪