アフリカンオールスターズ

アフリカンオールスターズは、劇団四季「ライオンキング」のパーカッションパート、初代リーダーを務めるなどアフリカ音楽の真髄を日本に伝えたパイオニア、B.B.モフランを中心に、アフリカ全土から様々な音楽スタイルを持つアフリカンミュージシャンたちが一堂に会した夢のスーパーバンドです。
大地を揺るがすようなアフリカンドラムの力強いリズム、広大なサバンナを駆け巡る風のような美しいハーモニー、生きる喜びを全身で表現するパッションに溢れたダンス、すべての音楽のルーツとなったアフリカ伝統音楽はもちろん、ゴスペル、ジャズ、ヒップホップまで、アフリカそしてブラックミュージックのエッセンスを凝縮した躍動感に溢れるパフォーマンスを客席と一体となってお届けします!

プログラムの5大特徴

《特徴❶》アフリカ各地の一流ミュージシャンによる躍動感に溢れるステージパフォーマンス
《特徴❷》コール&レスポンス(掛け合い)やダンスレッスンなどが満載の体験型コンサート
《特徴❸》アフリカ音楽の鼓動を体感して愛や尊重といった普遍的なメッセージを分かち合う
《特徴❹》アフリカ音楽のルーツや特徴とその後に世界の音楽シーンに与えた影響などを紹介
《特徴❺》人種や文化を超えて互いをリスペクト(尊重)することや平和の大切さを共有する

フォトアルバム (40枚)

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

プログラムの内容

プログラムの内容は、メンバーたちがアフリカの代表的な太鼓「ジャンベ」を打ち鳴らしながら客席から登場するドラムコールに始まり、スリリングなパーカッションのアンサンブル曲、ゴスペル音楽のルーツともなった美しいハーモニーのコーラス曲、ドラムのリズムと客席が掛け合うコール&レスポンス、さらに、頭、肩、腰に手を当てながらみんなで一緒に踊る楽しいダンス曲など、言葉や世代を超えて、老若男女すべての方々が一緒に楽しめる参加型のステージです。
また、音楽のほかにもアフリカ各地の太鼓の紹介と実演や意外と似ているアフリカと日本の言葉のお話やクイズ、世界の様々な音楽ジャンルのルーツとなったアフリカの音楽やリズムについてのお話など、アフリカの文化や伝統を「見て、知って、体感する」コーナーも満載です。
プログラムは、芸術鑑賞会・音楽鑑賞会などの学校公演、企業・団体・自治体主催のイベントや催事、リズム遊びのコーナーを多くした未就学児向けのワークショップなど様々なアレンジが可能です。
また、会場の規模や観客数、参加数などに応じて、4〜5名の小編成から15〜20名の大編成まで柔軟に対応可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

ステージ・サンプル動画

メンバープロフィール


B.B. Mofrank


ビービー・モフラン
コンゴ出身
ボーカル・パーカッション・キーボード

学生時代の一時期をベルギーのハイ・ソサエティー校で学んだ体験を通じ、グローバルな視点からアフリカ文化の素晴らしさを再認識する。伝統的アフリカ音楽にジャズやファンクを取り入れた自身のバンド「VUNDUMUNA(ヴンドゥムーナ)」は、東アフリカでNo.1ヒットを獲得し、今も伝説のバンドとして語り継がれている。1983年に広島長崎平和祈念コンサート出演のため初来日し、共演した世界的サックス奏者の渡辺貞夫氏から絶賛を受ける。以降、日本とアフリカの音楽の掛け橋として多くのステージやメディア等で活躍し、劇団四季の「ライオンキング」 では、パーカッションパートの初代リーダーとして、ダイナミックなアフリカのリズムと鼓動を披露して大好評を博す。また、銃弾の下を潜った経験もある彼は、人種差別やイジメのない平和な世界の実現のためには、将来を担う子供たちへの良質な教育が最も大切という信念のもと、国際交流を柱にした教育活動も積極的に行っている。


Daudi Joseph


ダウディ・ジョセフ
タンザニア出身
ボーカル・パーカッション・ベース・作詞作曲

教会の牧師を父に持ち、若くして3千人規模のゴスペル隊の音楽監督を務める。ミューシャンとしても、ボーカリスト、パーカッショニスト、ベーシスト、ギターリストとして多彩な才能を発揮し、世界的レゲエバンド「Third World」のアジア・ツアーに参加するなど幅広く活躍。来日後は、ミンミや氣志團などのアーティストのアルバムやツアーにも参加し、JT、C.C.レモン、アサヒスーパードライ、 花王ヘルシア、サッポロビール、UCCコーヒー、ポカリスエットなどのCMにも歌や演奏で多数の実績を持つ。 また、ベネッセの「しまじろうのわお」では、TVアニメ版と劇場版のテーマソングを歌い、多くの子供たちから親しまれている。 未来を担う子供たちへ音楽の素晴らしさとともに、国際人としての感性や人を尊重することの大切さを伝えたいという思いから、全国の小中高校などの芸術鑑賞会(学校公演)にも長年に渡り積極的に参加している。


Mari TAMTAM


マリ・タムタム
東京都出身
司会・ボーカル・パーカッション・作詞作曲

7歳まで米国ロサンジェルスとニューヨークで育つ。東京藝術大学付属音楽高校を経て同大学の打楽器科を卒業。 卒業後は、浅利慶太氏、栗山民也氏、観世栄世氏、斉藤憐氏など著名演出家の舞台で主役や準主役を務める。その後、劇団主催や音楽の企画制作にも活動の場を広げ、自身も役者や演奏家として活躍。多国籍バンド「七福神」でVAPよりメジャーデビューを果たす。
バンド解散後、「TAMTAM」を結成しビクターから再デビュー。TVドラマ「南くんの恋人」の主題歌に決まったデビュー曲「友達でいいから」がビクターヒット賞を受賞。 その後もハウス食品のCMソングに採用された「太陽になりたい」など、数々の作品を発表する一方、サザンオールスターズの野沢毛ガニ氏らともライブ活動を行うなど幅広く活躍。また、音楽以外でも、NHKをはじめ、FM・AMラジオやTV番組のパーソナリティ、CM音楽やナレーションなどの実績も多数。全国の学校公演や子供劇場に外国人アーティストを招聘した草分け的存在で、現在でも自身の活動とともに、「Love & Respect」をテーマに普遍的なメッセージ性の高い国際芸術交流や公演活動のプロデュースなどを数多く手掛けている。


Winterhawk


ウィンターホーク
ニューヨーク州出身
パーカッション・ラップ・コーラス

高校時代にドラムセットでJazzの演奏を始め、大学ではクラシックも専攻。 西アフリカのジャンベや日本の和太鼓、アメリカ音楽など様々な国や地域の音楽ジャンルを取り入れて独自の音楽スタイルを確立。リンカーンセンターやラジオシティーミュージックホールなどニューヨークの名門ホールでの演奏実績も豊富で、全米ツアーをはじめ、アジアやヨーロッパ諸国など海外遠征の経験も多数。ジャネット・ジャクソンなどの著名アーティストとの活動のほかに、大人気テレビ番組「セサミストリート」への出演などでも活躍。また、ニューヨーク・ハーレムの各学校の問題児クラスを「ドラムとダンスのワークショップ」で更生させるプログラムに参加、日本でも「子供のためのドラムワークショップ」を実施している。来日後は、ステージ活動のほか、ファミリーマートのプレミアムチキンのCM音楽の演奏などメディアでの活動も多い。 趣味は筋トレと古き良き日本の文化探しという日本をこよなく愛する心優しきマッチョマン。


JP. Sensey


ジェイピー・センセイ
コンゴ出身
ベース・ギター・パーカッション・ギター

幼少の頃より音楽に親しみ、早くからミュージシャンを志す。 パーカッション、ベース、ギター、ボーカルのほかに、伝統楽器の演奏やダンスもこなすマルチプレイヤーとして活躍。 スタジオワークでも才能を発揮し、自国ではレコーディングミュージシャンとしての活動のほかに、音楽プロデューサー兼レコーディングエンジニアとしても高い評価を獲得している。 伝統音楽から最新のポップスまで幅広い分野の音楽に精通し演奏のみならずレコーディングやアレンジでも頼れる存在として多くのミュージシャンから信頼を集めている。 子供が大好きな穏やかな人柄から、日本で活動する多くのアフリカンミュージシャンにも愛されている。ソロ活動のほかにもコンゴ伝統音楽のグループでも活動中。


Mamadou Lo


ママドゥ・ロー
セネガル出身

パーカッション・ボーカル・作詞作曲

幼少の頃からプロとして活躍。サバール・ジャンベ・タマなど14種類のアフリカの太鼓を演奏。母国では国営放送やセネガル最大のジャズフェスティバルに毎年出演し国内外のミュージシャンとのコラボレーションを多数行う。'90年代には世界的に有名な「Youssou N'dour」のメンバーAssane Thiam(セネガルを代表するタマ奏者)とCDを3枚リリースし話題になる。また、ユニセフの活動で外国人メンバーとともに各地を廻るなど多方面で活躍。来日後は、アフリカンパーカッションユニット「SAFAIKO(サファイコ)」や「TAM-TAM SENEGALAIT(タムタムセネガレ)」を結成し全国ツアーを行う。演奏のみならず作詞作曲やアレンジも数多く手掛け、TVやCMなどのメディアやワークショップ、全国の学校や施設、病院でのセラピーなど多方面で活躍中。


JunJun


ジュンジュン
渡辺 淳

ドラム・コーラス

4歳の頃より打楽器の演奏を始め、16歳より石川晶氏、市川宇一郎氏にドラムを師事。その後、数々の演奏活動を経て黒人音楽のルーツであるアフリカンミュージックに出会い、早くからアフリカンミュージシャンたちの中でドラムス、パーカッション、ボーカルの修行を始める。 アフリカの太鼓のみで組み上げた、独自の「JunJunドラムセット」を発案。このJunJunドラムセットは、アフリカのミュージシャンたちを驚かせると同時に称賛を受ける。西アフリカ、東アフリカ、中央アフリカとアフリカ全体の音楽を学び、オリジナリティあるサウンドを探究し続けている。アフリカンバンドのほかにも、スタジオ・ジブリ作品のオリジナル歌手の全国ツアーでの演奏やワークショップ開催など幅広い活動を行っている。