Rafiki Africa 〜African Dance & Groove〜
Rafiki Africa(ラフィキ・アフリカ)
ラフィキ・アフリカ
アフリカの歌とダンスと太鼓とリズム! アフリカ音楽の楽しさをギュッと凝縮 !!
対象年齢:未就学児、小学生、中学生、高校生、一般、編成人数:2名〜4名 ▶低予算・遠隔地にもおすすめ!、公演時間:45分〜90分

プロフィール

文化が異なる東西アフリカの音楽とダンスを詰め込んだ欲張りなグループです!

グループ名の「Rafiki(ラフィキ)」は、スワヒリ語で「仲間」や「友達」といった意味です。
ラフィキ・アフリカは、文化が異なる東西のアフリカ地域から「ラフィキ」が集まった、アフリカ音楽の楽しさをギュッと凝縮した欲張りなグループです。美しいハーモニーやポップな音楽が特徴の東アフリカからは、タンザニア出身のアーティストで、日本でもアニメ「しまじろうのわお!」の主題歌や多数のCMソングを歌うダウディ・ジョセフ。大地を揺るがす力強い太鼓のリズムとエキゾチックな旋律が特徴の西アフリカからは、セネガル出身で、セネガル国立舞踊団の元ソロダンサーで現在はNYなどでもアフリカンダンスの振り付け指導をしているアブドゥ・バイファル。さらに、ギニアからは、ギニアの若手NO.1のジャンベ奏者でヨーロッパやアジア諸国で公演や指導をしているラウラウ・バングーラなどのメンバーを中心に、東西アフリカの音楽とダンスのエッセンスを贅沢にお届けします!

ここがポイント!

音楽スタイルが異なる東アフリカと西アフリカ 双方の音楽やリズムを楽しむことができる。アフリカの力強い太鼓のリズムと美しいハーモ ニーの曲をバランス良く配したプログラム。客席と一緒に歌やリズムをコール&レスポンス (掛け合い)する参加型コーナーも多数あり。セネガル国立舞踊団の元ソロダンサーが教える 大人気のアフリカンダンス・ワークショップ。人種や文化を超えて、お互いを尊重することや 平和の大切さを共感する国際交流公演。

Mari TAMTAMが国際交流の橋渡しをします!


コンサート全体は、幼少期をNYCで過ごし東京藝術大学打楽器科を卒業後、プロミュージシャン活動の傍ら、国内で初めて芸術鑑賞会や音楽鑑賞会などの学校公演で外国人アーティストによる参加型国際交流公演を実現したMari TAMTAMがナビゲートします。メンバー紹介の場面では、各メンバーの出身国やアフリカの太鼓や楽器の紹介、世界の様々な音楽やダンスのルーツとなったアフリカの音楽やリズムについての解説。さらに、芸術鑑賞会や音楽鑑賞会などの学校公演では、意外と知らないアフリカと日本との関係、日本語と発音が同じアフリカの言葉や面白クイズなど、アフリカをもっと身近に感じる国際交流公演をお届けします。

フォトギャラリー (40枚)

コンサートのハイライトシーンを撮影した40枚のフォトギャラリーです!

プログラムの内容

アフリカの歌とリズムとダンスを体全体で感じる参加型国際交流プログラムです!

プログラムの内容は、アフリカの代表的な太鼓「ジャンベ」を打ち鳴らしながら客席から登場するオープニングに始まり、アフリカの大地のリズムを体全体で感じる『African Drum Groove』、一転してドラマチックな演出と美しいハーモニーで展開する『ライオンキング・メドレー』、ドラムのリズムと客席が掛け合う『コール&レスポンス』、さらに、セネガル国立舞踊団の元ソロダンサーで国際振付師の資格を持つアブドゥ・バイファルの『アフリカンダンス・ワークショップ』など、言葉や世代を超えて老若男女すべての方々が楽しめる参加型国際交流プログラムです。

主な演奏プログラム例(抜粋)
♬ African Drum Groove(アフリカの太鼓の力強いグルーブを体全体で感じてください)
♬ The Lion King 〜Medley〜(ドラマチックな演出で「ライオンキング」の世界をお届けします)
♬ The Lion Sleeps Tonight(「ライオンは寝ている」のタイトルで知られたヒットソングです)
♬ Malaika(スワヒリ語で「天使」を意味する世界中でヒットした美しいバラード曲です)
♬ Jambo Bwana(スワヒリ語で「こんにちは」を意味するノリノリのヒットソングです)
上記は演奏候補曲の一部です。他にも、公演時間に合わせて多様なプログラムをご用意しております。また、「ダンスレッスン」や「コール&レポンス」などの参加型コーナーも大人気のプログラムです!

コンサート・ハイライト映像

4名編成によるコンサートのハイライトシーンを編集した5分程度の映像です!

コンサート・ハイライト映像

 

MEMBERS

メンバープロフィール


Daudi Joseph

Daudi Joseph


ダウディ・ジョセフ
タンザニア出身
ボーカル・パーカッション・ベース・作詞作曲

教会の牧師を父に持ち、若くして3000人規模のゴスペル・クワイアの音楽監督を務める。ミュージシャンとしても、ボーカリスト、パーカッショニスト、ベーシスト、ギターリストとして多彩な才能を発揮し、世界的レゲエバンド「Third World」のアジア・ツアーに参加するなど幅広く活躍。来日後は、ミンミや氣志團などのアーティストのアルバムやツアーにも参加し、JT、C.C.レモン、アサヒスーパードライ、 花王ヘルシア、サッポロビール、UCCコーヒー、ポカリスエットなどのCMにも歌や演奏で多数の実績を持つ。 また、ベネッセの「しまじろうのわお」では、TVアニメ版と劇場版のテーマソングを歌い、多くの子供たちから親しまれている。 未来を担う子供たちへ音楽の素晴らしさとともに、国際人としての感性や人を尊重することの大切さを伝えたいという思いから、全国の小中高校などの芸術鑑賞会(学校公演)にも長年に渡り積極的に参加している。


Abdou Bayefall

Abdou Bayefall


アブドゥ・バイファル
セネガル出身
ダンス・ジャンベ・ボーカル

17歳の時にセネガルの有名な舞踊団「Ballet Sinomew」の最年少団員としてモロッコで初の国際的な舞台を経験し、彼の天性の才能と華やかさを兼ね備えたダンスから「Fils du Ballet=バレエの申し子」と称賛を受ける。これを機に、アフリカの著名シンガーにスカウトされツアーに参加。その後、スペインの「Ballet Africa 2000」に2年間在籍する。舞台では、ダンス、チャカバ、ドラムの一人三役をこなす一方、ダンス指導者としても活躍。 セネガル帰国後は、セネガル国立舞踊団「Ballet la Linguere」に入団。ソロダンサー、振付師として3年間活躍し、ダンス指導者としての国際資格を取得する。 2002年に、日韓サッカーワールドカップでの公演のため来日、その後、日本に移住。 現在はダンサーやドラマーとして、全国各地で公演活動とワークショップを展開している。 特にワークショップは、巧みなトークと卓越した指導技術で、プロアマ問わず各地で大絶賛を受けている。


Mari TAMTAM

Mari TAMTAM


マリ・タムタム
東京都出身
司会・ボーカル・パーカッション・作詞作曲

7歳まで米国ロサンジェルスとニューヨークで育つ。東京藝術大学付属音楽高校を経て同大学の打楽器科を卒業。 卒業後は、浅利慶太氏、栗山民也氏、観世栄世氏、斉藤憐氏など著名演出家の舞台で主役や準主役を務める。その後、劇団主催や音楽の企画制作にも活動の場を広げ、自身も役者や演奏家として活躍。多国籍バンド「七福神」でVAPよりメジャーデビューを果たす。
バンド解散後、「TAMTAM」を結成しビクターから再デビュー。TVドラマ「南くんの恋人」の主題歌に決まったデビュー曲「友達でいいから」がビクターヒット賞を受賞。 その後もハウス食品のCMソングに採用された「太陽になりたい」など、数々のヒット曲を発表する一方で、サザンオールスターズの野沢毛ガニ氏らともライブ活動を行うなど幅広く活躍。また、音楽活動以外でも、NHKをはじめ、テレビやラジオ番組のパーソナリティ、CM音楽やナレーションなどの実績も多数。全国の学校公演や子供劇場に外国人アーティストを招聘した草分け的存在で、現在でも自身の活動とともに、「Love & Respect」をテーマに、普遍的なメッセージ性の高い国際芸術交流公演などのプロデュースを数多く手掛けている。

▶ TAMTAM Official YouTube Channel


Laoulaou Bangoura

Laoulaou Bangoura


ラウラウ・バングーラ
ギニア出身
ジャンベ・パーカッション

ギニア国立舞踊団「The National Ballets Djoliba」のジャンベ奏者の父の元で、幼少の頃よりジャンベに親しむ。10歳で本格的にジャンベを始め、「Ballets Suurakhata」、「Ballets Wassa」で、ジャンベソリストを務めた後に、ギニアで最も有名なパーカッショングループ「Boka Junior」に加入。現在は、同グループのNo.1ソリストとして活躍し、ギニアの若手No.1プレイヤーとして注目されている。 また、毎年ヨーロッパ各国や米国、日本などからジャンベを習いに訪れる生徒たちにレッスン講習を主宰。 2010年に初来日後は、各地でワークショップやライブ活動を精力的に行い高い評価を受ける。 2011年より東京に拠点を移し、全国各地で活動を展開しながら、母国ギニアでもアフリカンドラムとダンスのワークショップツアーを行う。2013年には韓国ソウルに招聘され、韓国や中国の学生向けにワークショップを行う。見る者を圧倒するジャンベプレイとエンターテーメント性に溢れたステージングは、常に各地で称賛を浴び続けている。